<< 一覧に戻る

特集 高齢者の肺炎:社会・医療問題の克服を目指して

誤嚥性肺炎に対する薬物および非薬物治療(リハビリテーション)による予防

寺本信嗣

Pharma Medica Vol.35 No.8, 33-36, 2017

高齢者肺炎は,誤嚥性肺炎がほとんどを占める。この肺炎は,細菌感染症としての肺炎と老年病としての嚥下障害の2つの側面をもつ疾病である1)-3)。そこで,予防と治療のためには,抗菌薬治療に加えて,嚥下障害の対策を立てることが必要になる。本稿では,誤嚥性肺炎の病因論からみた嚥下障害の考え方とその対策を解説する。
「KEY WORDS」ACE阻害薬,嚥下指導,口腔ケア,栄養療法

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る