<< 検索結果に戻る

発症と疫学

Pharma Medica Vol.35 No.7, 17-22, 2017

わが国でも人口の急激な高齢化などにより,高齢者喘息や慢性閉塞性肺疾患(chronic obstructive pulmonary disease;COPD)が増加しつつあり,喘息,COPDともに約500~600万人の患者数が推定されている日常よく経験される呼吸器疾患である。安定期の両疾患はいずれも気道炎症を基本とするが,炎症の性質が異なり,ステロイド薬に対する反応性の違いなどからも異なる疾患と考えられている場合が多い1)-4)。しかし両疾患の臨床症状には類似点も多く,特に喫煙歴のある高齢者喘息の場合は両者が合併していると考えられる症例も少なくない。また難治性喘息の1つの寄与因子にCOPDが報告されており,逆に喘息合併のCOPDは予後が悪いことも示されている。
「key words」ACO,発症,疫学

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

掲載雑誌詳細 この雑誌の目次を見る

抄録