<< 一覧に戻る

特集 変形性関節症診療の新たな展開

変形性関節症の運動療法・装具療法

大森豪

Pharma Medica Vol.35 No.6, 41-44, 2017

変形性関節症(osteoarthritis;OA)は経年的に生ずる関節の変性疾患であり,50歳以降発症が増加する。OAは不可逆な変化であるが,本症の大部分を占める一次性OAではその進行は一般的に緩徐であるため,OAの治療は急速な進行例や末期の高度変形例を除いては,通常保存療法が第1選択となる。OAの保存療法は基本的に薬物療法,運動療法,装具療法,物理療法から構成され,OAの程度と症状の内容や強さ,さらに患者自身の希望を踏まえたうえで,単独もしくは複数の治療法が行われている。本稿では,OAに対する運動療法と装具療法について,筆者が専門としている膝OAを例に新しい治療法も含めて概説する。
「key words」運動療法,装具療法,変形性関節症,変形性膝関節症

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る