<< 一覧に戻る

特集 原発性脂質異常症:疾患概念の整理と最近の進歩

原発性高脂血症 原発性高トリグリセリド血症の最近の考え方

Current concept of primary hypertriglyceridemia including familial type Ⅳ hyperlipidemia.

吉田博

Pharma Medica Vol.33 No.8, 35-39, 2015

「はじめに」高トリグリセリド(triglyceride;TG)血症を特徴的に示す脂質異常症の表現型としては,超低比重リポ蛋白(very low density lipoprotein;VLDL)のみが増加する内因性の高TG血症,すなわちⅣ型高脂血症の他に,VLDLと外因性のカイロミクロン(chylomicron;CM)がともに増加するⅤ型高脂血症,CMのみが増加するⅠ型高脂血症などがある。また血清TGとともにコレステロールが高値を示す場合,Ⅱb型高脂血症および中間比重リポ蛋白(intermediate density lipoprotein;IDL)が増加してアポ蛋白E2/E2(まれにアポ蛋白E欠損)を伴うⅢ型高脂血症がある。本稿のテーマであるⅣ型高脂血症は,血清コレステロールの増加はなく,軽度~中等度(おおむね200~500mg/dL)の高TG血症を呈し,わが国でも頻度高く認められる脂質異常症である。
「KEY WORDS」Ⅳ型高脂血症,トリグリセリド(TG),超低比重リポ蛋白(VLDL),ゲノムワイド関連研究(GWAS)

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る