<< 一覧に戻る

野巫医のたわごと

(155)野球

前田貞亮

Pharma Medica Vol.31 No.4, 106-107, 2013

川崎市中原区医師会の集まりの際, 耳鼻咽喉科の岡崎先生から, 「面白かった本を届けます」と言われた. 2, 3日後に届けられたそれはドナルド・キーン著, 角地幸男訳「正岡子規」(新潮社2012年版)であった. 正岡子規は筆者も大好きな, 且つ尊敬している作家である. 本欄にも「病牀六尺」という短文を記したこともある. ドナルド・キーン氏は日本文学に大変造詣が深く, 著作として「渡辺崋山」, 「百代の過客(正・続)」, 「日本の文学」, 「思い出の作家たち」, 「日本人の戦争」などよく勉強され書かれている. 森鴎外, 夏目漱石から川端康成, 三島由紀夫まで多数の作家の日記, 手紙に至るまで調べて作家論を展開している. 最近でも東京新聞に下町日記とも言うべき記事を載せている程, 日本に帰化した米国人として素晴らしい人である. それはさておき, WBC(World Baseball Classic)で賑わった昨今, 「正岡子規」というと「野球」の名付け親のように言われているが, 米国発祥のベースボールを1894年に「野球」と訳名したのは子規より3年後輩の鹿児島出身の中馬庚(ちゅうまん・かなえ)である.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る