<< 一覧に戻る

うつ病をめぐる最近の話題

うつ病の再発予防にはどんな対策を行えばよいのか

菊地俊暁渡邊衡一郎

Pharma Medica Vol.30 No.3, 35-38, 2012

はじめに
 まず,うつ病の「再発」について議論するにあたり,「再発(Recurrence)」と「再燃(Relapse)」との区別については言及すべきであろう。当時うつ病研究を中心に行っていた研究者らが提唱した概念1)によれば,Recurrenceとは症状がほぼ消失した状態,すなわち「寛解(Remission)」が持続し,「回復(Recovery)」に至ったにもかかわらず,新たなうつ病のエピソードが出現することを指す。それに対して「Relapse」とは,「寛解」の状態が長期に持続せず,再びうつ状態が認められる状態となることと定義された。以後,この概念は一定のコンセンサスを得たものとなっているが,しかし一般にはそのような概念は混乱を招きやすく,また継続治療や維持治療の期間については恣意的な面も否めない。そのため,本稿では狭義の「再発」と「再燃」を合わせた広義の再発,すなわちいったん症状が改善した後に再び症状が出現する状態として扱っていきたい。

KEY WORDS
●再発 ●再燃 ●症状モニタリング ●治療継続

Ⅰ.再発の割合

 さて,ではうつ病は一体どの程度再発を認めるのであろうか。Solomonらは,うつ病で寛解した患者のうち20%は6ヵ月以内に再発を認めたと報告し2),さらに50~85%の患者は,主に2~3年の間ではあるが,生涯で再びうつ病を経験するとされている3)。ただしこれらの再発率については,どこまで実際の臨床現場を反映しているかについては疑問符がつかざるを得ない。それを割り引いても,再発率は決して低くなく,治療者も患者もある程度の再発は覚悟をしておかなければならない。
 特に,再発のリスクが高い群というものが推測されている4)。表1に示す通り,背景因子や治療開始時の状態像も含まれており,これらについては治療によって変化をさせることはできないが,残存症状を取り除くように治療を工夫したり,認知スタイルを変化させるように働きかけていくということは,容易ではないものの十分に挑戦に値することであろう。

また,併存疾患に対しての適切な治療も欠かせないことがわかる。

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る