<< 一覧に戻る

虚血性脳卒中診療の現在;急性期診療からリハビリテーションまで

脳梗塞の再発予防

西山和利

Pharma Medica Vol.30 No.2, 29-32, 2012

はじめに
 脳梗塞はわが国における国民病であり,この疾患が国民医療費に占める割合は大きい。脳梗塞発症の最大の予測因子は脳梗塞の既往を有することであり,それはすなわち脳梗塞という疾患は再発しやすいということを示唆している。よっていったん脳梗塞を発症した症例においては,再発予防のための治療を行うことはきわめて重要である。

KEY WORDS
●脳梗塞 ●再発予防 ●二次予防 ●周術期管理

はじめに(続き)

脳梗塞の三大病型はラクナ梗塞,アテローム血栓性脳梗塞,心原性脳塞栓である。脳梗塞の再発予防に重要な危険因子を表に示す。

再発予防は脳梗塞の病型ごとに方法が異なるので,まずは脳梗塞の病型分類をしっかり行う必要がある。病型についての詳述は他稿に譲り,本稿では病型確定後の再発予防について概説する。

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る