<< 一覧に戻る

肥満をめぐる最近の話題

小児肥満の診断と治療による成人肥満および合併症への影響について

大関武彦

Pharma Medica Vol.30 No.1, 41-45, 2012

はじめに
 肥満は2型糖尿病やさらに動脈硬化性疾患の発症をはじめ,種々の病変にかかわることから,生活習慣病の概念のなかでも中心的な位置を占める1)-3)。これらは主として成人期に発症するわけだが,小児期においても肥満は大いに注目されるようになった。これは小児肥満の世界的な増加や早期からの合併症の出現もさることながら,成人の肥満症へとつながっていくとのエビデンスが確認されるようになったことも重要であろう。しかしながら小児の肥満の長期的な予後や経過は,観察期間が長くなるため十分とはいえない。介入や予防の面からは生活習慣確立のスタートラインであり,また体重増加の途上であることも多く,早期の対応の視点からも注目すべき時期といえよう。わが国においても小児肥満の増加傾向が続き,厚生労働省により小児期のメタボリックシンドロームについての診断基準や,介入に関する研究事業が実施され成果をあげた。しかしながら,いまだ小児肥満についてはより多くのエビデンスが必要とされる。本稿では日本人小児の肥満について,成人肥満との関連も含めわれわれの検討1)-9)も交えながら概説する。

KEY WORDS
●小児肥満 ●アディポシティリバウンド ●動脈硬化 ●メタボリックシンドローム

Ⅰ.小児肥満のリスクとトラッキング

 小児のBMIそして体脂肪率の年齢的変動をみると,3~7歳頃に低値をとったあと,年齢とともに増加することが知られている6)7)。この時期をadiposity reboundと呼び,それ以後の,そして成人につながる肥満の起源の1つとして注目されている(図1)10)。

Adiposity reboundが早期であるほど,肥満がより早期に高度になっていくと考えられる。この時期は,後方視的に多くの思春期・成人期以降の肥満の開始時期と考えられる例が経験される6)7)11)。このことから幼児肥満の重要性が示唆され,適切な評価と介入が必要となる。
 小児肥満が各種の生活習慣病のリスクと深くかかわっていることは,一般的に広く認められている。しかしながら,そのリスクがどの時期にどのような病変と関連するかについては,必ずしも十分に論じられているとはいえない。成人における肥満のリスクを検討する際には,エンドポイントとして死亡率や糖尿病などの疾患の発症率などが明確に設定可能である。しかしながら小児肥満とその後の死亡との関連性を直接的に検討することははなはだ困難である。
 したがって二次的なエンドポイントによる検討や,肥満の成人へのトラッキングなどを指標とすることが一般的であるが,少数ながらprimary endpointを指標とした報告もみられるようになってきた。小児肥満にはトラッキングがみられ成人期へ移行することは,成人肥満の視点からも重要である。Mossbergは小児期から65歳までの体重の変動を検討し,5~10歳の体重増加の程度が65歳までトラッキングすることを明らかにした12)。13歳までの脂肪蓄積は成人の肥満,糖代謝,総およびLDL-コレステロールと相関しており,小児肥満の成人肥満,そして関連する代謝異常に対する意義がより明確となってきた。

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る