<< 一覧に戻る

感染防止対策の最前線

感染対策とワクチン

齋藤昭彦

Pharma Medica Vol.29 No.12, 51-54, 2011

はじめに
 医療従事者は,入院患者の診療を行うにあたり,自らが感染性疾患に曝露する可能性があるばかりでなく,自らが罹患すると他の医療従事者,ならびに患者へ感染を媒介する可能性がある。このような医療従事者間,あるいは,医療従事者と患者間の感染性疾患の伝播を完全に防ぐことは困難である。しかしながら,平時より適切な感染対策を講じておくことが重要である。予防接種は,その有効な対策の1つであり,適切なワクチンを医療従事者,ならびに患者に接種しておくことが重要である。一方で,ある一定の集団に接種をすると接種をしていない集団がワクチンで予防できる病気から守られる,この概念を集団免疫(Herd Immunity)というが,これによって,医療関連感染を減らすことができることも知られている。この章では,特に医療関連感染症の予防の観点から重要なワクチンについて,医療従事者が接種しておくべきワクチン,医療従事者に接種が検討されなくてはいけないワクチン,そして,患者に接種が検討されなくてはいけないワクチンについて述べることとする。

KEY WORDS
●ワクチン ●医療従事者 ●患者

Ⅰ.医療従事者が接種すべきワクチン

 医療従事者は,患者からの曝露を受けて,さまざまな感染に罹患するリスクがある。特に感染性の高い疾患は,患者から医療従事者へ,そして,医療従事者から医療従事者,患者へ容易に伝播されるため,それらの疾患に対して,予防接種を確実に行い,感染予防ができる状況を作っておく必要がある。米国では,すべての医療従事者に対してB型肝炎,インフルエンザ,麻疹,風疹,水痘,流行性耳下腺炎に対するワクチン接種を強く推奨している1)。国内においても,医療従事者に対してこれらのワクチン接種,そして,就業前の抗体検査などを行う施設が増えてきたが,いまだに国内の病院ではこれらの疾患の患者の発生があり,病院内の感染対策の問題点が浮き彫りとなることがある。以下,これらの重要なワクチンについて述べることとする。

1.B型肝炎ウイルス(Hepatitis B virus;HBV)ワクチン

 患者の血液および血液で汚染された体液への曝露の可能性があるすべての医療従事者は,HBVワクチンを接種するべきである。特に医療従事者における職業上のHBV感染は,就業間もない時期が多いと報告されており,ワクチン接種は直接患者との接触が始まる前に行われるべきである1)。具体的な接種方法としては2つあり,1つはワクチン接種対象者のHBs抗体を事前に確認する方法である。もう1つは,ワクチン接種前の抗体測定は省略し,対象者全員に1セットのワクチン接種を行う方法である。実際の接種は,まず1ヵ月間隔で2回接種し,その後5~6ヵ月後に3回目を接種する。計3回の接種を1セットとし,3回目の接種から1~2ヵ月後にHBs抗体価を確認,1回のシリーズで有効な抗体価の上昇が得られなかった場合は,同様のスケジュールで2セット目を施行する。それでも抗体産生が得られない者は,HBV感受性者として曝露時には,Hepatitis B 免疫グロブリン(HBIG)投与の適応となる1)。またHBV抗体価はワクチン接種後に徐々に低下することがあり,一度得られた有効な抗体保有率は,12年後には60%まで低下するとの報告もある1)2)。ただし,一度有効域に達する抗体価を得られた個体に関しては,その後,抗体価が低下した場合でもHBV曝露時には有効な免疫反応が得られるとの報告もあり3),一度有効域まで抗体価の上昇が得られた者に関しては,抗体価の定期的なフォローアップや追加接種の検討は推奨されていない1)。

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る