<< 一覧に戻る

臓器移植をめぐる最近の話題;臓器移植法改正後の展開

移植看護・移植コーディネートにおける役割と諸問題

野尻佳代菅原寧彦山敷宣代田村純人金子順一青木琢長谷川潔國土典宏

Pharma Medica Vol.29 No.11, 55-58, 2011

はじめに
 脳死移植が進まない日本では,末期肝疾患の救命として,これまでに約6,000例の生体肝移植が行われ,移植外科医の多くの努力により,良好な成績が収められてきた1)。2004年には,生体肝移植適応疾患が拡大し,ほとんどの末期肝疾患が保険適用になったことに伴い,内科医が患者に肝移植をオプション提示する機会も増加し,肝臓移植は身近な治療となりつつある。

KEY WORDS
●レシピエント移植コーディネーター(RTC) ●生体ドナー ●レシピエント ●意思決定の支援 ●社会的問題点

はじめに(続き)

 2010年には,「臓器の移植に関する法律」が改正され,脳死ドナー数が少しずつ増加しているものの,移植を希望する患者数に比べ,圧倒的に少ない状態が依然続いている(図) 2)。

 筆者は,レシピエント移植コーディネーター(Recipient Transplant Coordinator;RTC)として,生体肝移植および脳死肝移植の看護,コーディネーションにあたっている。本稿では主に肝臓移植に関わる看護・コーディネーションにおける役割と問題点を述べる。

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る