<< 一覧に戻る

臓器移植をめぐる最近の話題;臓器移植法改正後の展開

改正臓器移植法と臓器移植;法改正で何が変わったか

古川博之谷口雅彦唐崎秀則今井浩二山下健一郎鈴木友己嶋村剛藤堂省

Pharma Medica Vol.29 No.11, 9-13, 2011

はじめに
 1997年の臓器移植法制定以来,提供時に本人の事前意思が必要という厳しい制度のなか,わが国の臓器提供は,13年間でわずか86例というきわめて少数であった。2009年に改正臓器移植法(以下,改正法)が可決成立し,①親族優先提供が可能となり,②15歳未満の提供が可能となった。③また,本人の承諾がない場合でも,家族の書面承諾による提供が可能となった。まさに,欧米並みの制度が可能となったわけである。

KEY WORDS
●臓器移植 ●臓器提供 ●肝移植 ●改正臓器移植法

はじめに(続き)

提供数は大幅に増加して,この14ヵ月で臓器提供は62例,移植総件数は283例に及ぶ(図1,表1)。

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る