<< 一覧に戻る

加齢黄斑変性up to date

加齢とAMD

石田晋神田敦宏

Pharma Medica Vol.28 No.12, 9-12, 2010

「はじめに」わが国はかつてない高齢化社会を迎えており, 健康長寿という言葉に代表されるように, いかにQOLを低下させずに寿命を全うするかは大きな関心となっている. このような状況のなかで, QOLに大きな影響をもつ感覚器の健康を維持するために眼科学のもつ役割は大きいと考えられる. 加齢黄斑変性(age-related macular degeneration;AMD)は, 欧米では失明原因の主因となる疾患であり, わが国でも高齢化社会・食生活の欧米化に伴い失明原因として増加中の眼底疾患である. 以下, AMDの総論として, 疫学や分類に焦点を当て, 本項以降の各論を読み進めるための一助となる基礎知識を概説する. 「I.AMDとは-総論-」黄斑とは, 外部からの光線が角膜・水晶体により屈折し集中する網膜の中心部であり, 視力は同部位の機能に依存する. AMDは, この重要な部位が加齢により変性するため, 主に変視(歪視)・中心暗点という形で著しく視力低下をきたす(図1).

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る