<< 一覧に戻る

消化器画像診断;最近の進歩

下部消化管疾患に対する内視鏡の進歩

樫田博史川崎正憲梅原泰峯宏昌永田嘉昭朝隈豊櫻井俊治松井繁長工藤正俊

Pharma Medica Vol.28 No.10, 57-63, 2010

「はじめに」下部消化器疾患に対する内視鏡(以下, 下部内視鏡)は, 画像強調内視鏡やバルーン内視鏡, カプセル内視鏡など, 最近は診断技術の進歩が著しい. 内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)など治療面にも大きな変革があったが, 本号は画像診断の特集なので, 診断に重点をおいて解説する. 「I. 大腸内視鏡の進歩」[1. スコープの進歩] 大腸用拡大スコープの開発はファイバースコープ時代の1970年ころに始まったが, 1993年オリンパス社のズーム式拡大電子スコープCF-200Zから徐々に普及し始めた. フジノン社の高画素電子スコープも登場し, 1999年オリンパス社のCF-Q240Z, 2002年CF-Q260AZと高解像度の拡大画像が得られるようになり, 硬度可変機能も搭載された. 2006年ハイビジョン対応のCF-H260AZが市販され, 光源ユニット(オリンパスEVIS-Lucera Spectrum CV-260SL, CLV-260SL)との組み合わせで, 白色光観察のみならずnarrow band imaging(NBI)画像も鮮明に得られるようになった.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る