<< 一覧に戻る

消化器画像診断;最近の進歩

早期肝細胞癌と異型結節の鑑別におけるEOB造影MRIの有用性

今井康陽小来田幸世関康高村学大西裕満金東石岡田真広村上卓道

Pharma Medica Vol.28 No.10, 23-27, 2010

「はじめに」2008年1月にわが国で保険適用となった肝細胞特異性MR造影剤であるGadolinium ethoxybenzyl diethylenetriaminepentaacetic acid(Gd-EOB-DTPA, プリモビスト(R))は, dynamic撮像による肝腫瘍の血流動態の評価だけでなく, 肝細胞に取り込まれ, 肝細胞造影相で肝細胞機能の評価も可能な新しい造影剤である1)-8). すなわち, Gd-EOB-DTPA造影MRI(EOB造影MRI)は, 従来のGd-DTPAによるdynamic MRIやdynamic MDCTなどによる血流診断と肝細胞機能診断の両面から肝腫瘍の描出, 質的診断が可能である. 本稿では, 肝細胞癌およびdysplastic nodule(異型結節)における組織分化度とEOB造影MRI造影効果を比較検討するとともに, EOB造影MRIとsuperparamagnetic iron oxide(SPIO)造影MRI, ペルフルブタン(ソナゾイド(R))造影超音波検査(US)およびCT during arteral portography(CTAP)の検出能を比較し, EOB造影MRIの肝細胞癌, 特に早期肝細胞癌診断における有用性について概説する.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る