<< 一覧に戻る

関節リウマチ治療の最前線;現状と展望

新しい薬物治療の将来展望 オクレリズマブ

坪井洋人住田孝之

Pharma Medica Vol.28 No.3, 57-61, 2010

「はじめに」TNF(tumor necrosis factor)阻害薬をはじめとする生物学的製剤は, 近年の関節リウマチ(Rheumatoid arthritis;RA)治療に革命的な進歩をもたらしたといえる. 生物学的製剤は速効性で有効性が高いのみならず, 関節破壊阻止効果も明らかにされた. TNF阻害薬は, 生物学的製剤のなかにあって, 現在中心的な役割を果たしているが, TNF阻害薬はすべての患者に効果があるわけではない. このような状況のなかで, TNF以外のサイトカインやB細胞, T細胞などのリンパ球およびその表面分子などを標的とする治療法の開発が続いている. 抗IL-6受容体抗体(トシリズマブ)はすでに国内でRAに対して承認されている. 本稿では, RAにおけるB細胞の役割とともに, B細胞表面抗原CD20に対するヒト化抗体であるオクレリズマブ(ocrelizumab)について, 海外での臨床試験の結果を中心に解説する.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る