<< 一覧に戻る

関節リウマチ治療の最前線;現状と展望

特集にあたって

住田孝之

Pharma Medica Vol.28 No.3, 7, 2010

関節リウマチ治療は「薬で治る時代」へと「治療革命」が起きている. その主役は生物学的製剤であり, 画像による診断学の進歩とともに, 「真の寛解」が現実となってきた. 治療目標は, 「臨床的寛解」を目指した時代から「画像的寛解」を目指す時代と進み, 現在では, 「薬剤中止寛解」を「真の寛解」と位置づけてリウマチ治療の目標が設定されている. このような治療のパラダイムシフトと将来の治療ゴールについて, 日本の第一人者に概説いただいた. 日本において使用可能となっている生物学的製剤は4種類(インフリキシマブ, エタネルセプト, アダリムマブ, トシリズマブ)である. 各薬剤は, その特徴, 効果, 投与方法・間隔, 副作用などが異なる. 本特集においては, 「4剤の生物学的製剤の特徴」および「いかに上手に生物学的製剤を使いこなすか?」そして「いかに4剤を使い分けるか?」について, エキスパートの先生方に「使い方の極意」を解説していただいた.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る