<< 一覧に戻る

やせの医学

中枢性摂食異常症 心療内科的アプローチ

河合啓介久保千春

Pharma Medica Vol.27 No.10, 63-67, 2009

「はじめに」やせをきたす代表的な中枢性摂食異常症は, 神経性食欲不振症(anorexia nervosa;AN)である. ANとは, 少食・下剤乱用・過食後の嘔吐などの意図的な体重減少をもたらす持続する行動によって特徴づけられる障害で, やせ願望や体重増加に対する恐怖, 体型および体重による自己評価(自分の存在価値)への過剰な影響などの臨床的特徴がある. 身体的には, 年齢と身長から期待される標準体重の-15%以上のやせをきたす. 心理的・社会的な因子は, 本疾患の発症や持続に重大な影響を与えているが, 低栄養状態が重篤化すると致死的な身体疾患を併発する. ANの治療では, 心理社会的背景をふまえた心身両面からのアプローチが必須と考える. 「I.病態理解1)」1.準備因子 個人の要因として, 虐待やいじめなどの否定的なエピソード, 完壁主義や強迫的な考えなどの性格傾向などがある. 生物学的な関与も推定されており, セロトニンなど複数の遺伝子を中心に検索が進められている.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る