<< 一覧に戻る

睡眠障害をめぐって

睡眠障害と生活習慣病

篠邉龍二郎塩見利明

Pharma Medica Vol.27 No.7, 41-44, 2009

「はじめに」生活習慣病は, 生活習慣により発症すると考えられる疾患すべての総称である. 「すべての国民が健康で明るく元気に生活できる社会」の実現を図るため, 特に循環器疾患(高血圧, 脂質異常症, 脳卒中, 虚血性心疾患), 糖尿病, 癌の1次予防を重視し, 生活習慣の改善, 危険因子の低減, 検診の充実により, 主要3疾患の減少を目的としたものである. このなかにはマルチプルリスクファクター症候群, さらに最近話題のメタボリックシンドローム(metabolic syndrome;MetS)も含まれる. ここでは, MetSを中心として解説し, それらの構成因子と睡眠障害, 特に閉塞性睡眠時無呼吸症候群(obstructive sleep apnea syndrome;OSAS)との関係について述べる. 「I. メタボリックシンドローム(MetS)」動脈硬化, 心血管病のリスクとして, 脂質異常症, 糖尿病, 高血圧などがあり, その集積は, 従来からSyndrome X, Deadly Quartet, 内臓脂肪症候群などとして記述されてきたが, それぞれのリスクファクターは違うものを組み合わせており煩雑であった.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る