<< 一覧に戻る

エイズの現状;社会的影響への考察も含めて

特集にあたって

岡慎一

Pharma Medica Vol.27 No.4, 7, 2009

HIV感染症に対する治療法(Anti-Retroviral Therapy;ART)の進歩により, HIV感染者の予後は劇的に改善された. しかし, 医療者の間でさえこの認識は行き届いておらず, 20年前の差別と偏見が残っている. 相変わらずエイズは特別な病気であり, 腫れ物をさわるような扱いである. 性感染症に罹患していてもHIV検査を行わない医療機関がほとんどである. その結果としてエイズ発病ではじめてHIV感染がわかる「いきなりエイズ」が後を絶たず, その一部においては残念ながら救命できないこともある. 現在では, 少なくとも発病前であればHIV感染症で命を落とすことはない. HIV感染を発見することは, その患者の命を救うことなのである. もっともっとHIV検査に対する敷居を下げる必要がある. 疫学的な見地からみると, HIV感染のほとんどは, 自分が感染者であることを知らない人から広がっている.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る