<< 一覧に戻る

血栓症治療の最新動向

チエノピリジン系薬剤

陣内俊和堀内久徳

Pharma Medica Vol.27 No.1, 29-33, 2009

「はじめに」アテローム血栓症の発症においては血小板が重要な役割を演じており, 抗血小板療法は動脈硬化性疾患の主たる冶療法である. チエノピリジン系薬剤はアスピリンとともに世界的に広く用いられている抗血小板薬でありその有用性を示すエビデンスは数多く存在する. 本稿では血栓症治療の臨床において広く使用されているチエノピリジン系薬剤につき概説する. 「I. 概要」チエノピリジン系の抗血小板薬として, わが国では1981年の発売開始以来チクロピジンが使用されてきたが, 肝障害などの安全性の問題が指摘されていた. このチクロピジンと同等の心血管イベント抑制効果を有し, 安全性評価において優越性が確認されたクロピドグレルが2006年に承認され, 現在ではこの2剤が使用可能となっている. 世界でも臨床的に用いられているのはこの2剤のみである. 活性型血小板では濃染顆粒に貯えられていたADPが開口放出される.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る