« バックナンバーへ戻る

脳と循環2013年5月号(Vol.18 No.2)

脳と循環

2013年5月号(Vol.18 No.2)

【特集 脳動脈瘤の治療~open surgeryか血管内治療か~】

(準備中)本号はアブストラクトのみの閲覧となっております
○座談会
 「脳動脈瘤の治療~open surgeryか血管内治療か~」
 司会・山田和雄/ゲスト・堤一生/兵頭明夫/村山雄一
○特集
破裂脳動脈瘤の治療選択~Clipping vs Coiling/山内圭太 ほか
高齢者の破裂脳動脈瘤にどう対処するか/大熊洋揮
未破裂脳動脈瘤の治療~クリッピングの立場より/大井川秀聡 ほか
未破裂脳動脈瘤の治療~コイリングの立場より/大石英則
新規デバイスは治療成績に影響しているか/坂井信幸 ほか
スタチンと脳動脈瘤/吉田和道 ほか

【連載】

・脳循環障害と病理/緒方絢 ほか
・脳循環障害の画像診断
「ステロイド治療中に発症した頸動脈巨大索状血栓に起因する若年性脳梗塞の1症例」/大山賢 ほか
・脳卒中の治療技術
「4.5時間時代のrt-PA静注療法」/佐藤祥一郎 ほか
・知って得するワンポイントアドバイス
「CHADS2スコアとCHA2DS2-VAScスコア」/伊東佑里子 ほか
・ジャーナルレビュー
「心房細動患者における新規抗凝固薬の使用に関連する医療費の低減RE-LY,ROCKET-AF,ARISTOTLE試験」/鴨打正浩
・ジャーナルレビュー
「Carotid MR imagingを用いた低用量,高用量アトルバスタチンによる血管伸展性効果の検証―ATHEROMAサブ解析」/堀江信貴