« バックナンバーへ戻る

Pharma Medica2013年11月号(Vol.31 No.11)

Pharma Medica

2013年11月号(Vol.31 No.11)

【特集 がんの分子標的治療:進歩と課題】

(準備中)本号はアブストラクトのみの閲覧となっております
特集にあたって/畠清彦
分子標的薬剤の耐性機序の研究における課題/片山量平
肺がんにおけるBRAF変異の重要性/坂井和子 ほか
Immune Checkpoint阻害薬:メラノーマの治療を中心に/白井敬祐
新たな抗体医薬PD-1抗体/工藤慶太 ほか
骨髄腫に対する抗体医薬 ダラツムマブ/照井康仁
トラスツズマブ耐性乳癌における抗Her2療法/森由希子 ほか
CD30抗体医薬 ブレンツキシマブ・ベドチン/鈴木達也
慢性骨髄性白血病における新薬 ポナチニブ/薄井紀子
骨髄腫における新規プロテアソーム阻害薬カーフィルゾミブ/李政樹 ほか

■座談会
・DPP-4阻害薬の治療戦略:単独療法の現状から併用を含めた将来の展望/田嶼尚子/麻生克己/佐藤賢/谷口幹太/比企能人
・うつ病治療におけるエスシタロプラムの使い方/山田尚登/石田展弥/青木治亮/高橋淳/有村眞弓
・高血圧治療の最新知見:OSCAR試験の結果を踏まえて/光山勝慶/伊藤裕/佐藤敦久
・DPP-4阻害薬による糖尿病の治療戦略/東條克能/今城俊浩/今村茂樹/北村忠弘/保坂利男
■研究,臨床報告,その他
・治療に難渋する慢性腰痛症へのアプローチ:ブプレノルフィン貼付剤の使用経験をふまえて/今村寿宏
・オキシコドン速放散で始めるがん患者のオピオイド治療(研究)/服部政治 ほか
・第35回日本アルコール関連問題学会
 アカンプロサートの登場 その作用機序と臨床的意義/齋藤利和(座長)ほか
・ミネラルコルチコイド関連高血圧のメカニズムと治療戦略/柴田洋孝 ほか
・NSAIDと腎機能:COX-2選択的阻害薬のエビデンスを中心に/安田宜成
・学会レポート:European Society of Cardiology(ESC)2013
・難渋する多系統萎縮症の振戦に対するゾニサミドの治療効果(臨床報告)/尾柳知佐子 ほか
・新規薬剤導入にともなう院内情報共有の新たな試み:
 看護師を対象としたオピオイド製剤の新規導入「適正使用説明会」の一例/石川和由 ほか
野巫医のたわごと(162)/前田貞亮
・医学会案内