« バックナンバーへ戻る

血管医学2014年12月号(Vol.15 No.4)

血管医学

2014年12月号(Vol.15 No.4)

【特集 インクレチン製剤と心血管代謝病】

(準備中)本号はアブストラクトのみの閲覧となっております
オーバービュー/稲垣暢也
1.インクレチン製剤によるAGEs-RAGE系抑制を介した心血管保護効果/山岸昌一
2.インクレチン関連薬の抗酸化作用を介した臓器保護効果/園田紀之 ほか
3.インクレチン関連薬の血圧に及ぼす効果/関根理 ほか
4.インクレチン製剤の抗動脈硬化作用/寺崎道重 ほか
5.インクレチンの肥満に及ぼす影響/岩﨑可南子 ほか
6.インクレチン関連薬の腎保護効果/四方賢一 ほか
7.インクレチン製剤が骨代謝に及ぼす効果/月山克史
8.大規模臨床試験からみたインクレチン製剤の心血管代謝に及ぼす効果/伊藤禄郎 ほか
9.インクレチンの神経保護作用/神谷英紀 ほか
10.インクレチン製剤による膵β細胞保護作用の可能性/高田浩史 ほか

■シリーズ
◎ゲノム科学からゲノム医療へ
ゲノム解析の時代からゲノム創薬の時代へ/岡田随象
◎川崎病の最近のトピックス
成人期における川崎病後遺症の病理学的特徴/髙橋啓 ほか
■連載
◎バイオマーカーと心血管疾患の評価
non-HDLコレステロール/山下静也
◎長い時空を旅する血液 第11回
運動と血管:運動こそ,血管機能活性化の有効方法である/丸山征郎
■座談会
・1次予防・アブレーション時における新規経口抗凝固薬の適正使用とアピキサバンへの期待/髙橋尚彦(司会)/山地博介/菅敏光/金本将司/渡邊敦之
・Beyond the Clinical Trial:大規模臨床試験を追い越すより最適な抗凝固療法を求めて/山下武志(司会)/宮坂陽子/岡嶋克則/武居明日美/平松茂樹