« バックナンバーへ戻る

インフルエンザ2022年6月号(Vol.23 No.2)

インフルエンザ

2022年6月号(Vol.23 No.2)

【座談会 新型コロナウイルス感染症の臨床と後遺症】

○巻頭言
 新型コロナワクチン/忽那賢志
○座談会
 新型コロナウイルス感染症の臨床と後遺症
 柏木征三郎/大曲貴夫/森岡慎一郎
○診断
 ノロウイルスの検査/大楠清文
○政策
 日本のパンデミック対策について/正林督章
○治療
 新型コロナウイルス感染症の後遺症~その後の動向/森岡慎一郎
○感染対策
 保育園や幼稚園におけるコロナウイルス感染症の対策について/森内浩幸
○スペシャリストに聞く
 『創薬』の基本とCOVID-19治療薬の今後の展望/満屋裕明
○投稿論文(原著)
 SARS-CoV-2抗原定性検査キットの唾液検体の適用拡大について/佐々木正大 ほか
○Q&A
効果の高い新型コロナウイルスに対する薬が開発されたと報道されていますが,どのような薬ですか./高下恵美
国内外で新型コロナワクチンの3回接種が考えられています.その必要性,変異株への効果はいかがでしょうか./中山哲夫
小児COVID-19患者の重症化について教えてください/山岸裕和 ほか
○ウイルスよもやま話
 オミクロン株について:出現と感染拡大/渡辺登喜子
○地域のパンデミックプランニング
 在宅医療とコロナ/近藤佳子
○INFLUENZA REPORT
 ISIRV-WHO Virtual Conference 参加報告(2021年10月19日~21日開催,オンライン)/高下恵美