« バックナンバーへ戻る

Nephrology Frontier2016年12月号(Vol.15 No.4)

Nephrology Frontier

2016年12月号(Vol.15 No.4)

【特集 腎臓病学の課題と未来-Nephrology Frontier誌の足跡と貢献-】

特集にあたって/富野康日己
(座談会)Round Table Discussion「腎臓病学の課題と未来
 -Nephrology Frontier誌の足跡と貢献-」

 富野康日己/秋葉隆/木村健二郎/細谷龍男/柏原直樹
1.臨床腎臓病学の課題と将来展望(1):腎炎,ネフローゼ症候群などについて/清水芳男
2.臨床腎臓病学の課題と将来展望(2):水・電解質代謝分野について/上原温子 ほか
3.腎臓再生療法の課題と将来展望/松本啓 ほか
4.腎臓病基礎研究の進展と課題/佐藤稔
5.腎不全診療における未解決課題と将来展望/花房規男

【連載】

○検尿ノススメ
 尿沈渣検査の付加価値情報/横山貴
○Essential Pathology
 腎生検病理組織診断の標準化と腎炎の組織分類/城謙輔
○腎研究最前線―Up Date Nephrology
 腎臓病領域への応用が期待される,他領域の医療発展に関する最新の知見(3)/内田梨沙 ほか
○研究施設紹介 LABORATORY 2016
順天堂大学医学部腎臓内科学講座/順天堂大学医学部附属順天堂医院腎・高血圧内科/合田朋仁 ほか
東京慈恵会医科大学腎臓・高血圧内科/坪井伸夫 ほか
海外文献紹介
・IgA腎症における半月体の予後予測値に関する多施設共同研究/戸塚絢子 ほか
・ナチュラルキラー細胞は腎臓同種移植片の抗体関連型拒絶反応における炎症および移植腎喪失において重要な役割を果たす/川邊万佑子
・NLRP3インフラマソーム活性化は細胞死を促進することで造影剤による急性腎障害を起こす/十川裕史
・皮下動静脈瘻作成時に神経ブロックまたは局所麻酔を用いることで,結果に差が生まれるか:無作為化対照試験/秋葉隆