« バックナンバーへ戻る

がん分子標的治療2017年12月号(Vol.15 No.4)

がん分子標的治療

2017年12月号(Vol.15 No.4)

【Theme 各臓器がんに対する免疫チェックポイント阻害薬】

○State of the art reviews and future perspectives
 各臓器がんに対する免疫チェックポイント阻害薬の現状について
造血器腫瘍/松本憲二 ほか
胃がん・食道がん/伊藤卓彦 ほか
大腸がん/本多和典 ほか
肺がん/道津洋介 ほか
頭頸部がん/鈴木千晶 ほか
婦人科がん/緒方貴次 ほか
泌尿器科がん(腎細胞がん,尿路上皮がん)/冨田善彦
悪性黒色腫/山﨑直也
○Round Table Meeting
 免疫チェックポイント阻害薬の臨床試験デザイン/南博信/藤原豊/里内美弥子/室圭
○Cancer biology and new seeds
PARP阻害薬/西川忠曉 ほか
CD47/SIRPαシグナルを標的としたがん免疫療法/齊藤泰之 ほか
CDK4/6阻害薬/鈴木栄治
○Pharmacogenomics and biomarker
重症筋無力症と免疫チェックポイント阻害薬/鈴木重明
エベロリムスの効果予測バイオマーカー/大崎昭彦
○Learn more from previous clinical trial
膵がんにおけるFOLFIRINOX療法の試験/砂川優 ほか
TIVO-1試験/松原伸晃
IBIS-Ⅱ DCIS試験/相良安昭
進行肺がんに対する抗MET療法:onartuzumabとtivantinibの経験から/吉岡弘鎮
○News and Topics
 [What's New]
 再発・難治性B-ALLに対するinotuzumab ozogamicinと標準療法の第Ⅲ相無作為化比較試験(INO-VATE ALL trial)の結果/嶋田高広 ほか
 [Topics]
 CAR-T細胞療法の課題と展望/齋藤章治 ほか
○新任教授紹介
 前門戸任教授(岩手医科大学内科学講座呼吸器・アレルギー・膠原病内科分野)
 (話し手)前門戸任/(聞き手)西條長宏