« バックナンバーへ戻る

大腸がんperspective2015年2月号(Vol.2 No.1)

大腸がんperspective

2015年2月号(Vol.2 No.1)

【State of the art 大腸ESDをめぐって】

(準備中)本号はアブストラクトのみの閲覧となっております
○画像診断との対比で学ぶ大腸疾患アトラス
 リンパ節構造のない壁外非連続性癌進展病巣(EX)のアトラス/上野秀樹 ほか
○Round Table Discussion
 進行再発大腸癌の一次治療における分子標的薬の使い分け~CALGB/SWOG80405試験結果を受けて~
 室圭/沖英次/山口研成/吉野孝之
○State of the art 大腸ESDをめぐって
特集にあたって/田中信治
大腸ESDの適応/岡志郎 ほか
大腸ESDのデバイスの特徴・使い分け/加藤元彦 ほか
大腸ESDとEMRの棲み分け/樫田博史
大腸ESD手技のコツとピットフォール/吉田直久 ほか
大腸ESDにおける偶発症とその対策/高丸博之 ほか
○Catch Up 分子生物学
大腸癌におけるmicroRNAの最新の知見/井上彬 ほか
解明されつつある細胞周期の調節機構/内藤敦 ほか
○大腸癌の内視鏡Up-to-date
 大腸ESD手技の習得方法/大圃研 ほか
○Q&A レジデントのための診療のEssence
 5-FU系薬剤による眼障害とはどのようなものですか?/柏木広哉
○大腸癌化学療法のトピックス
 ESMO 2014におけるトピックス/山﨑健太郎