« バックナンバーへ戻る

膵・胆道癌FRONTIER2017年5月号(Vol.6 No.2)

膵・胆道癌FRONTIER

2017年5月号(Vol.6 No.2)

【座談会 胆道癌治療前の病理診断はどこまで必要か】

○座談会
 胆道癌治療前の病理診断はどこまで必要か
 大川伸一/清水宏明/川嶋啓揮/笹平直樹/平岡伸介
○誌上ディベート
「局所進行膵癌に対して有効な治療法とは」
一次治療は化学療法+放射線療法を選択する立場から/新地洋之 ほか
一次治療は化学療法を選択する立場から/須藤研太郎 ほか
各論を総括して/古瀬純司
○外科手術手技の実際―コツと工夫―
 EUSガイド下経胃・経肝胆管ドレナージの実際/糸井隆夫 ほか
○膵癌・胆道癌―診断・治療Q&A
Q1. 膵癌診療ガイドラインの改訂ポイントについて教えてください/山口幸二
Q2. pNETに対するストレプトゾシンの使い方について教えてください/肱岡範 ほか
○期待される最新研究
 膵臓がんのバイオマーカーの実状/谷内田真一
○ASCO Report
 ASCO Annual Meeting 2016/石井浩
○シリーズ企画[提供:大鵬薬品工業株式会社]
 高齢者進行膵がんに対する新しい治療戦略―nab-PTX+GEM併用療法の上手な使い方―
 第2回 がん研有明病院肝・胆・膵内科/尾阪将人/佐々木 隆