« バックナンバーへ戻る

がん患者と対症療法2013年12月号(Vol.24 No.2)

がん患者と対症療法

2013年12月号(Vol.24 No.2)

【特集 がん治療期における緩和ケアの取り組み】

(準備中)本号はアブストラクトのみの閲覧となっております
緩和ケアの壁 ―患者に緩和ケアを届けるために―/櫻井宏樹
がん化学療法の末梢神経障害による症状の緩和対策/横山智央 ほか
がん治療期の難渋する嘔気の緩和対策/山川 宣
漢方薬によるがん患者の諸症状の緩和/星野惠津夫 ほか
再発がん患者の症状アセスメントとケア ―長期サバイバーを生活の視点でサポートする―/髙橋美賀子
乳房手術後の慢性疼痛症候群に対する緩和対策/小島圭子
開胸術後の慢性疼痛の緩和対策/萬羽礼実 ほか
術後慢性疼痛患者に対する看護・心理的アプローチ/安藤詳子 ほか
四肢切断術後患者に対する心理療法からのサポート/栗原幸江

【連載】

○基礎医学セミナー 第9回 
 がん患者の生活の質の向上をめざすがん疼痛およびがん悪液質症状改善のための研究―がん患者へ届ける基礎から臨床へのトランスレーショナルリサーチ―/上園保仁
○リレーエッセイ―“痛み”の周辺から―(25)
 津々浦々でがん患者が満足できる痛み治療を実践しよう!/武田文和
○海外論文紹介/田口奈津子 ほか
質の高いがんサバイバーへのケア:ASCOからの提言
造血細胞移植の長期成人サバイバーへのケア
同種造血幹細胞移植のサバイバーの晩期作用とヘルスケアニーズ:質的研究
進行がん患者とがんサバイバーにおける炎症と倦怠感について:探索的研究