新刊アイ

執筆者が語る新刊の注目ポイントをご紹介します。

11 - 20件目 (全61件中)

「新刊アイ」では、“先生のコメントから読み解く新規刊行物の魅力”をお伝えいたします。 今号では、認知症・サルコぺニアの予防の考え方や保健指導のポイント、地域包括ケアの仕組みを解説した『予防の観点で考える 認知症・サルコぺニア~生活習慣改善に...

目次
新刊案内『予防の観点で考える 認知症・サルコぺニア
 ~生活習慣改善に基づく指導とケア~』
認知症の地域連携
ストレスと認知機能アンチエイジング ほか

投稿日時:2017/09/22(金)

「新刊アイ」では、“先生のコメントから読み解く新規刊行物の魅力”をお伝えいたします。 今号では、昨年7月に発売以降、発行累計3万部を突破したベストセラー『なぜあなたは論文が書けないのか?』 『なぜあなたの研究は進まないのか?』に続く第3弾、...

目次
新刊案内『なぜあなたの発表は伝わらないのか?
 できてるつもり!? そこが危ないプレゼンテーション
第52回日本肝癌研究会
意外と気付かれていないコミュニケーションで大切なこと ほか

投稿日時:2017/08/25(金)

「新刊アイ」では、“先生のコメントから読み解く新規刊行物の魅力”をお伝えいたします。 今号では、前版(2011年発行)から大きく変化した診断・治療法を盛り込み、最新の腎癌診療を解説した『腎癌診療ガイドライン2017年版』のご紹介です。

目次
新刊案内『腎癌診療ガイドライン2017年版』
馬蹄腎の3D血管イメージングと3Dプリンターを用いた臓器造形
―馬蹄腎に伴った左下極腎細胞癌手術―
免疫チェックポイント阻害薬の臨床:腎細胞がんおよび尿路上皮がん ほか

投稿日時:2017/07/21(金)

「新刊アイ」では、“先生のコメントから読み解く新規刊行物の魅力”をお伝えいたします。 今号では、皮膚科専門医も知りたい知識や疑問にスペシャリストの先生方が答える『専門医でも聞きたい皮膚科診療100の質問』と、がん薬物療法の進歩に伴い、前版(2012...

目次
新刊案内『専門医でも聞きたい皮膚科診療100の質問』
ACROSS trialを深読みする
新刊案内『エビデンスに基づいた癌化学療法ハンドブック2017』 ほか

投稿日時:2017/06/23(金)

「新刊アイ」では、“先生のコメントから読み解く新規刊行物の魅力”をお伝えいたします。 今号では、日本糖尿病療養指導士の学習目標と課題が網羅され、ほとんどの認定試験や講習資料のもととなっている『糖尿病療養指導ガイドブック2017』、ならびに整形外...

目次
新刊案内『糖尿病療養指導ガイドブック2017』
SGLT2阻害薬処方時の効果的な患者教育とは?
新刊案内『症例から見る 整形外科領域の臨床超音波画像』 ほか

投稿日時:2017/05/26(金)

「新刊アイ」では、“先生のコメントから読み解く新規刊行物の魅力”をお伝えいたします。 今号では、世界初の腎性低尿酸血症のガイドラインである『腎性低尿酸血症診療ガイドライン』をご紹介します。

目次
新刊案内『腎性低尿酸血症診療ガイドライン』
腎性低尿酸血症
尿細管間質病変の病理をどう臨床に活かすか ほか

投稿日時:2017/04/21(金)

「新刊アイ」では、“先生のコメントから読み解く新規刊行物の魅力”をお伝えいたします。 今号では、皮膚科新薬の知識と実践的な使い方のコツを達人が伝授する『皮膚科新薬の使い方』をご紹介します。 <お知らせ> 姉妹サイト「COPD Selected Papers...

目次
新刊案内『皮膚科新薬の使い方』
遺伝子解析に基づくがん治療 悪性黒色腫
第34回日本美容皮膚科学会総会・学術大会 ほか

投稿日時:2017/03/17(金)

「新刊アイ」では、“先生のコメントから読み解く新規刊行物の魅力”をお伝えいたします。 今号では腎細胞癌に関する現時点での知見と、現場の感覚を失わない「本当のところ」がわかる『Year Book of RCC 2016』をご紹介します。

目次
新刊案内『Year Book of RCC 2016』
切除可能腎がんを対象とした分子標的治療
腎線維化の新たな治療標的 ほか

投稿日時:2017/02/17(金)

「新刊アイ」では、“先生のコメントから読み解く新規刊行物の魅力”をお伝えいたします。 今号では毎年全面改訂、白衣に収まるポケットサイズの医薬品辞典『ポケット判 治療薬UP-TO-DATE 2017』と、現役看護師・看護学生とつくった看護の現場や実習で役立...

目次
新刊案内『ポケット判 治療薬UP-TO-DATE 2017』
未破裂脳動脈瘤に対する治療―内科の立場から
新刊案内『ナースお守り手帳2017』 ほか

投稿日時:2017/01/23(月)

「新刊アイ」では、“先生のコメントから読み解く新規刊行物の魅力”をお伝えいたします。 今号では、2015年11月発行の第1版より新たな内容も大幅に盛り込んだ待望の第2版『機能性表示食品DATA BOOK』と、大腸腫瘍の症例をわかりやすい解説と図譜でまとめた...

目次
新刊案内『機能性表示食品DATA BOOK』【第2版】
(成因・危険因子)うつ病リスク因子としての食生活・栄養
新刊案内『大腸腫瘍病理組織図譜』 ほか

投稿日時:2016/12/26(月)