« 学会アイ一覧へ戻る

投稿日時:2017/07/31(月)

M-Review Highlight
学会アイ

No.75 2017.07.31 発行:株式会社メディカルレビュー社

地域とともに発展させる医学教育/栄養学の新潮流/多職種連携力を育む管理栄養士教育

本日7月31日は、エジソンが蓄音機の特許を取った日です。
1877年のこの日に特許を取り、同年12月に行われた録音・再生のテストで童謡『メリーさんの羊』を吹き込んだ話は有名です。
エジソンは電話競争には負けてしまいましたが、その研究の際に、声を記録するための機械が必要になると閃いたことが、蓄音機発明のきっかけになったと言われています。

本号では「第49回日本医学教育学会大会」「第64回日本栄養改善学会学術総会」「第6回日本栄養学教育学会学術総会」をご紹介いただきます。ぜひご覧ください。

目次
「第49回日本医学教育学会大会」2017年8月18日(金)~19日(土)
「第64回日本栄養改善学会学術総会」2017年9月13日(水)~15日(金)
高齢CKD患者のリハビリテーション栄養の必要性
「第6回日本栄養学教育学会学術総会」2017年9月16日(土)

学会・研究会開催のお知らせ

第49回日本医学教育学会大会

会 期 2017年8月18日(金)~19日(土)
会 長 塚本泰司
(札幌医科大学学長)
会 場 札幌コンベンションセンター(北海道)
塚本泰司先生
第49回日本医学教育学会大会

平成29年8月18日(金)と19日(土)の2日間、札幌コンベンションセンターにて第49回日本医学教育学会大会が開催されます。北海道での開催は37年振りとなります。地域医療教育に積極的に取り組む道内大学の特徴を出すことも考え、「地域と共に医学教育を発展させる」をテーマにしています。海外(オーストラリアとイギリス)から、地域医療、多職種連携、卒前・卒後一貫教育に取り組む二人を招請し、特別講演をお願いしています。シンポジウム、ワークショップ、一般講演の他に、大会長講演、ノーベル化学賞受賞者講演、インターナショナルセッション、学生セッション、学術展示などもあり、有用な情報交換の場が提供されます。また、前日の8月17日(木)にはプレコングレスワークショップを、終了翌日の8月20日(日)にはシムリンピックが札幌医科大学で開催されます。わが国の医学教育の発展につながるよう、役割を果たしていきたいと考えています。

 

詳細は以下のホームページをご覧ください。
http://www.c-linkage.co.jp/jsme49/index.html

学会・研究会開催のお知らせ

第64回日本栄養改善学会学術総会

会 期 2017年9月13日(水)~15日(金)
会 長 酒井徹
(徳島大学大学院医歯薬学研究部実践栄養学分野教授)
会 場 アスティとくしま(徳島県)
 
第64回日本栄養改善学会学術総会

この度、第64回日本栄養改善学会学術総会を開催させていただくこととなりました。四国4県の学会員で組織された実行委員会が中心となり、現在、開催の準備を鋭意進めているところです。
今回の学術総会では、「栄養学の新潮流~四国から発信する食と健康の新しい融合~」をメインテーマとしました。年一回開催される学術総会は、学会事業の重要な一環であると考えております。学術に関する学会独自の方向性を示しつつ、本大会に参加する学会員の皆様に、食や健康に関する最新の知見あるいは実践栄養活動に関する議論を通じ、新たな創造が生み出される学術プログラムを提供できればと考えております。
今回の大会を盛会にして次の新潟大会につなぐことができるよう、支部の会員が一丸となり全力で学会運営にあたりますので、ぜひ徳島の地に足をお運び頂くようお願いいたします。

 

詳細は以下のホームページをご覧ください。
http://www.convention-w.jp/kaizen64/index.html

ピックアップ
高齢CKD患者のリハビリテーション栄養の必要性

Nephrology Frontier Vol.14 No.1, 40-44, 2015
若林秀隆

高齢CKD患者では、低栄養、サルコペニア、フレイルを認めることが少なくない。そのため、これらの有無と原因を評価した上で、リハビリテーション栄養の考え方で対応することが必要である。サルコペニアの原因は、加齢、活動、栄養、疾患に分類される。リハビリテーション栄養とは、栄養状態も含めて国際生活機能分類で評価を行った上で、障害者や高齢者の機能、活動、参加を最大限発揮できるような栄養管理を行うことである。高齢者では、併存疾患(消化管疾患、悪性腫瘍、慢性臓器不全など)や加齢による摂食嚥下機能低下、味覚と嗅覚の低下、歯を含めた口腔機能低下などのために低栄養を認めやすい。認知症やうつ病といった精神要因、併存疾患による多剤内服や薬剤副作用といった薬剤要因、また、独居や介護不足、経済的問題といった社会要因も、高齢者の栄養状態に悪影響を与える。また、高齢者ではサルコペニアを1~33%に認める。

記事を読む

学会・研究会開催のお知らせ

第6回日本栄養学教育学会学術総会

会 期 2017年9月16日(土)
会 長 津田とみ
(徳島文理大学人間生活学部教授)
会 場 アスティとくしま(徳島県)
 
第6回日本栄養学教育学会学術総会

このたび第6回日本栄養学教育学会学術総会を、徳島にて、第64回日本栄養改善学会学術総会と連携開催させていただくこととなりました。全国の“栄養学の教育学”に関心のある皆様と共に有意義な会がもてますよう、準備を進めております。
メインテーマを「多職種連携力を育む管理栄養士教育」とし、多職種連携教育に既に取り組まれている先生方から、今まさに栄養学教育に取り組み始めたという方々まで、幅広くご参加をいただけるプログラム構成になっております。また前回・前々回好評でしたラウンドテーブルを今回も継続し、全員参加のフランクなディスカッションとコーヒーブレイクも楽しんでいただければと思い、企画いたしました。
是非、徳島での学術総会にご参加下さいますようお願いいたします。“栄養学教育学”の展望に繋がる時間を共有し、来年の新潟大会へバトンタッチしたいと願っています。ご参加お待ち申し上げます。

 

詳細は以下のホームページをご覧ください。
http://www.dobun.co.jp/JANE/general_meeting.html

学会カレンダー

M-Reviewサイトアドバイザーの先生方よりご紹介いただいた注目の学会・研究会などをご紹介します。
※名前をクリックすると、M-Reviewに掲載されている先生の記事を読むことができます。

会期 学会名/会長 主会場
8/5 8 日本脳血管・認知症学会総会(VAS-COG Japan 2017)
内山真一郎/小室一成
東京
虎ノ門ヒルズフォーラム
8/5~8/6 20 日本地域看護学会学術集会
村嶋幸代
別府
B-Con Plaza 別府国際コンベンションセンター
8/25~8/27 38 日本核医学会PET核医学分科会 PETサマーセミナー2017 in 奈良
御前隆
奈良
ホテル日航奈良
9/7~9/8 30 日本口腔・咽頭科学会総会ならびに学術講演会
三輪高喜
金沢
ホテル日航金沢
9/8~9/9 52 日本アルコール・アディクション医学会学術総会
岡村智教
横浜
パシフィコ横浜
9/8~9/9 32 日本乾癬学会学術大会
照井正
東京
品川プリンスホテル

Editor's eye

大雨時行(たいうときどきふる)。
七十二候の一つで、8月2~6日。
夏真っ盛りの蒸し暑い日の突然の夕立は、涼を呼び、乾いた大地を潤し、過ごしやすくしてくれます。
ただ、突然の雨でもゲリラ豪雨(集中豪雨・局地的大雨)は災害が起こる可能性があるので、注意が必要ですね。
九州の集中豪雨や東北・北陸での大雨の影響により、全国各地で避難生活を余儀なくされておられる方、被災された地域の皆様にはお見舞い申し上げますとともに、一日も早い日常が戻ってきますよう、心よりお祈り申し上げます。

 

編集部I
  • このメールは「学会アイ」に登録されているM-Square会員の方にお送りしています。
  • このメールは送信専用メールアドレスから配信しています。このままご返信いただいてもお答えできませんのでご了承ください。
  • 「学会アイ」配信先の変更は、メールアドレス変更フォームからお願いします。
  • 内容・記事に対するお問い合わせは、お問い合わせフォームからご連絡ください。
  • メールマガジン配信・停止の設定は、こちらより行ってください。
Copyright(c) 2012-2017 Medical Review Co., Ltd. All Rights Reserved.