« 学会アイ一覧へ戻る

投稿日時:2017/06/30(金)

M-Review Highlight
学会アイ

No.74 2017.06.30 発行:株式会社メディカルレビュー社

てんかんの理解を深める/SST発展で希望の持てる未来へ/最適のがん医療

旧暦の6月末に行われる神事、「夏越の祓」。
本日6月30日は日本各地の神社で茅の輪をくぐる伝統行事が行われます。 八の字を書くように3度くぐると病気や災いを免れることができるとされています。
また、水無月(和菓子)を食べたりお酒を飲んで暑気払いする習慣があるそうです。

本号では「第10回日本てんかん学会東海・北陸地方会」「第23回SST全国経験交流ワークショップ in 金沢」「第15回日本臨床腫瘍学会学術集会」をご紹介いただきます。ぜひご覧ください。

目次
「第10回日本てんかん学会東海・北陸地方会」2017年7月8日(土)
Special Articles ①てんかんと合理的配慮
「第23回SST全国経験交流ワークショップ in 金沢」2017年7月14日(金)~15日(土)
「第15回日本臨床腫瘍学会学術集会」2017年7月27日(木)~29日(土)
特集 Onco-Cardiology―がん化学療法と心血管合併症:総論

学会・研究会開催のお知らせ

第10回日本てんかん学会東海・北陸地方会

会 期 2017年7月8日(土)
会 長 今村淳
(岐阜県総合医療センター小児科部長)
会 場 じゅうろくプラザ大会議室(岐阜県)
今村淳先生
 

この度下記の要領にて「第10回日本てんかん学会東海・北陸地方会」を開催させていただくことになりました。この会は東海4県(静岡、愛知、岐阜、三重)と北陸3県(富山、石川、福井)の地区のてんかんに関わる医療関係者の診療・研究の発展および生涯教育に資すること、また医療関係者でない一般の方々に、てんかんという疾患についての理解を深めていただくことを趣旨として開催するものです。
今回は岐阜県で初めて開催する会であり、日本てんかん協会岐阜県支部の共催のもと、鋭意準備をすすめております。本会は下記に示しますとおり、市民公開講座・地方会本会・イブニングセミナーの3部構成になっており、どのセッションからもご参加が可能です。
市民公開講座では岐阜県のてんかん専門医のお二人の先生に、小児科医および脳神経外科医の立場からそれぞれご講演いただきます。
地方会本会では12題の一般演題をいただいており、東海・北陸地方のみではなく、全国レベルの地域からご発表いただきます。
イブニングセミナーでは、てんかん診療に造詣の深い愛知医科大学小児科教授の奥村彰久先生に“急性発作の診療:新生児と小児”の演題でご講演いただきます。
岐阜市は金華山や長良川で代表されるように山紫水明の自然豊かな美しい町です。学会終了後にお時間があれば、鵜飼いや長良川での花火の鑑賞を楽しまれてはいかがでしょうか? スタッフ一同、皆様のお越しをお待ちしております。

 

詳細は以下のホームページをご覧ください。
http://plaza.umin.ac.jp/~tokaies/

ピックアップ
Special Articles ①てんかんと合理的配慮

Epilepsy Vol.10 No.2, 15-19, 2016
西田拓司

2016年4月、「障害者差別解消法」と「改正障害者雇用促進法」が施行された。両法の制定・改正は、国連の障害者権利条約を締結するに先立ち、障害者施策にかかわる国内法制度の整備の一環として行われた。障害者差別解消法は、行政機関や事業主に対して、日常生活全般の分野で障がいのある人に対する差別を禁じることを定めており、そこでは合理的配慮をしないことも差別であるとされている。また、改正障害者雇用促進法は、雇用主による労働者に対しての合理的配慮の提供は、法的義務であるとしている。てんかんの分野でも障がいのある人に対して、医療、福祉、雇用、教育など、さまざまな領域で合理的配慮が行われることになる。しかし、現状では合理的配慮について、その具体的な内容が関係者の間で周知されているとはいいがたい。障害者差別解消法と改正障害者雇用促進法、および関連する法律を概観し、てんかんの分野における障がいのある人への差別の禁止としての合理的配慮について述べる。

記事を読む

学会・研究会開催のお知らせ

第23回SST全国経験交流ワークショップ in 金沢

会 期 2017年7月14日(金)~15日(土)
会 長 鈴木道雄
(富山大学大学院医学薬学研究部神経精神医学講座教授)
会 場 石川県地場産業振興センター(石川県)
鈴木道雄先生

平成29年7月14日(金)・15日(土)に、第23回SST全国経験交流ワークショップを石川県地場産業振興センター(金沢市)において開催します。今回の経験交流ワークショップのテーマは、「つなげよう未来、広げよう社会 ~北陸(ここ)からはじまる明日への一歩~」としています。ワークショップにおける交流を通じて、わが国のSSTがさらに発展し、この社会で暮らすすべての人が、生活の質を高め、より希望の持てる未来へ向かうことを願っています。
プログラムは各種研修会、全部で14の分科会の他に、西園昌久先生による特別講演、皿田洋子先生による副会長講演、菊知充先生による教育講演、シンポジウム、そして市民公開講座を予定しています。
ぜひこの貴重な機会に、全国から多数のご参加をお待ちしています。勉強の合間には、北陸の山海の幸を堪能し、古都・金沢の雅びにもふれていただきたいと思います。

 

詳細は以下のホームページをご覧ください。
http://23th-workshop.jasst.net/

学会・研究会開催のお知らせ

第15回日本臨床腫瘍学会学術集会

会 期 2017年7月27日(木)~29日(土)
会 長 谷本光音
(岡山大学大学院医歯薬学総合研究科
血液・腫瘍・呼吸器内科学教授)
会 場 神戸コンベンションセンター(兵庫県)
谷本光音先生

このたび第15回日本臨床腫瘍学会学術集会を2017年7月27日(木)から29日(土)の3日間、神戸市で開催いたします。
今回の学術集会テーマは「最適のがん医療-いつでも、何処でも、誰にでも-」としました。がん対策基本法が施行されて10年が経過した今、がん医療の均てん化がどこまで進んだのかを議論、検証し、将来に向けた方策を探りたいと考えております。さらには全会期を通じて岡山大学鹿田キャンパス内のJunko Fukutake Hallを患者さんや市民の方々に開放し、神戸会場と映像を結んで議論できるセッションも行います。また「領域横断的体系の継承」、「グローバル化の更なる推進」、そして「最新成果の公表と情報共有」を学術集会のサブテーマとして位置づけております。
盛夏の開催となりますので、少しでも涼しさを感じていただけるよう工夫を凝らしております。一人でも多くの皆様にご参加をいただき、実りのある学術集会としていただければ幸いです。

 

詳細は以下のホームページをご覧ください。
http://23th-workshop.jasst.net/

ピックアップ
特集 Onco-Cardiology―がん化学療法と心血管合併症:総論

CARDIAC PRACTICE Vol.27 No.2, 15, 2016
赤澤宏

循環器疾患の罹患や死亡は生活習慣の欧米化と高齢化によって近年急速に増加してきているが、わが国では依然として悪性新生物で亡くなる人の割合が最も多い。がん患者を数多く診療する専門施設だけでなく一般施設においても、循環器内科医の多くが、がんを合併する患者を担当する機会が増えてきていると実感しているであろう。がん治療においては、化学療法や放射線治療の進歩により寛解率や治癒率の向上がみられる一方で、薬剤による副作用、特に心毒性や血栓塞栓症が大きな問題となりつつある。がんに対する有効な治療を継続していくためにも、心血管系の副作用を予防あるいは最小限化することが求められている。

記事を読む

学会カレンダー

M-Reviewサイトアドバイザーの先生方よりご紹介いただいた注目の学会・研究会などをご紹介します。
※名前をクリックすると、M-Reviewに掲載されている先生の記事を読むことができます。

会期 学会名/会長 主会場
7/6~7/7 79 耳鼻咽喉科臨床学会総会・学術講演会
山下裕司
下関
海峡メッセ下関
7/6~7/7 49 日本動脈硬化学会総会・学術集会
松本昌泰
広島
広島グランドプリンスホテル
7/13~7/15 25 日本乳癌学会学術総会
岩瀬弘敬
福岡
マリンメッセ福岡 他
7/16~7/18 53 日本周産期・新生児医学会学術集会
板橋家頭男
横浜
パシフィコ横浜
7/20~7/22 51 日本ペインクリニック学会大会
飯田宏樹
岐阜
長良川国際会議場
7/27~7/29 35 日本骨代謝学会学術集会
田中良哉
福岡
ホテル日航福岡
7/29~7/30 35 日本美容皮膚科学会総会・学術大会
山田秀和
大阪
グランフロント大阪

Editor's eye

今年も残すところあと半年となりました。
時間が経つのは早いですね。
楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいます。
また、子どもの頃よりも大人になってからの方が時間が早く経つように感じられます。
同じ時間の経過でも、年齢や気分によって感じ方が変わってくるから不思議です。
面白いことに、時間の経過は、動物の体のサイズによっても変わってくるそうです。
ゾウはネズミに比べて時間が18倍ゆっくり流れていることになるのだそうです。

2017年後半は、楽しく充実した時間を、より長く過ごしたいものです。

 

編集部I
  • このメールは「学会アイ」に登録されているM-Square会員の方にお送りしています。
  • このメールは送信専用メールアドレスから配信しています。このままご返信いただいてもお答えできませんのでご了承ください。
  • 「学会アイ」配信先の変更は、メールアドレス変更フォームからお願いします。
  • 内容・記事に対するお問い合わせは、お問い合わせフォームからご連絡ください。
  • メールマガジン配信・停止の設定は、こちらより行ってください。
Copyright(c) 2012-2017 Medical Review Co., Ltd. All Rights Reserved.