« 学会アイ一覧へ戻る

投稿日時:2016/08/05(金)

M-Review Highlight
学会アイ

No.60 2016.08.05 発行:株式会社メディカルレビュー社

美容皮膚科診療の基礎固め!/オリンピックに向けたスポーツ医学会の役割

本日、8月5日はタクシーの日です。
1912年のこの日、日本でタクシーが誕生したことから制定されました。現在の東京・有楽町マリオンに設立された「タクシー自働車株式会社」が、タクシーメーターを装備したT型フォード6台で営業を開始しました。それまでの主流だったハイヤーと違い、料金算出がメーターで行われたことから目新しさと安さで人気を博しました。

今号では、「第34回日本美容皮膚科学会総会・学術大会」「第42回日本整形外科スポーツ医学会学術集会」をご紹介いただきます。ぜひご覧ください。

目次
「第34回日本美容皮膚科学会総会・学術大会」2016年8月6日(土)~8月7日(日)
Q アトピー性皮膚炎のプロアクティブ療法では、何をどれくらいの頻度で塗ればよいでしょうか?
「第42回日本整形外科スポーツ医学会学術集会」2016年9月16日(金)~9月18日(日)
Q1 石灰沈着性腱板炎はどのように治療しますか?

学会・研究会開催のお知らせ

第34回日本美容皮膚科学会総会・学術大会

会 期 2016年8月6日(土)~8月7日(日)
テーマ 美容皮膚科の足元を固めよう
会 長 林伸和
(虎の門病院皮膚科部長)
会 場 京王プラザホテル(東京都)
林伸和
第34回日本美容皮膚科学会総会・学術大会

本学術大会のテーマは「美容皮膚科の足元を固めよう」です。
安全で有効な美容医療を実践するために役立つエビデンスに基づく情報を提供したいと考えています。
教育講演では、これから美容皮膚科を始める先生や、美容皮膚科は始めたものの基本を学ぶ機会がなかった先生に向けて、疾患や施術の基礎を扱います。
すでに美容皮膚科に造詣の深い先生には、シンポジウムのなかで美容皮膚科の実践に必要な化粧品、薬剤、施術等に関する最新の基礎研究や治療をご紹介する予定です。
真夏の暑い盛りに、熱い議論を交わしていただいて、秋を前に実りを収穫していただける学会になるように準備させていただきます。
スタッフ一同、多くの先生方の本学会へのご参加を心からお待ちしています。

 

【参加費】 会員 : 15,000円
       非会員(医師) : 20,000円
       初期研修医 : 10,000円(要証明書)
       学生 : 5,000円(要証明書)
【プログラム抄録集】 2,000円

詳細は以下のホームページをご覧ください。
http://www.congre.co.jp/bihifu34/

ピックアップ
Q アトピー性皮膚炎のプロアクティブ療法では、何をどれくらいの頻度で塗ればよいでしょうか?

皮膚アレルギーフロンティア Vol.14 No.1, 57, 2016
五十嵐敦之

アトピー性皮膚炎では、治療により一見正常に見えるまで改善した皮膚でも、病理組織学的にはまだ炎症が残存していることはかなり以前より指摘されており、こういった臨床的には現れない炎症をコントロールし、再燃を防ぐために、ステロイドないしタクロリムスなどの抗炎症外用薬を週2回程度外用するプロアクティブ療法の概念が提唱されるようになった。症状が現れたときに行われる従来の外用療法をリアクティブ療法と呼ぶのに対し、症状が治まっていても予防的に行う外用療法をプロアクティブ療法と称するが、リアクティブ療法では、皮疹が悪化し始めてから患者が治療薬の外用を再開するまでに1週間ほどのタイムラグがあるといわれており、その間に急速に皮疹が悪化してしまうことは珍しくはないため、プロアクティブ療法により寛解を維持し再燃を予防することには大きなメリットがある。

記事を読む

学会・研究会開催のお知らせ

第42回日本整形外科スポーツ医学会学術集会

会 期 2016年9月16日(金)~9月18日(日)
テーマ From Rio to Tokyo : the mission of JOSSM
会 長 山下敏彦
(札幌医科大学医学部整形外科学講座教授)
会 場 札幌コンベンションセンター(北海道)
山下敏彦
第42回日本整形外科スポーツ医学会学術集会

9月16日~18日に札幌市において、第42回日本整形外科スポーツ医学会を開催させていただきます。本年は、8月5日~21日に夏季オリンピックが、9月7日~18日には同パラリンピックが、リオデジャネイロにおいて開催されます。本学術集会は、オリンピックの興奮が冷めやらない中、そしてパラリンピックの盛り上がりの中での開催となります。と同時に、いよいよ4年後の2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて本格的にスタートを切る時期ともなります。
このような状況を踏まえ、学術集会のテーマを、「From Rio to Tokyo: the mission of JOSSM」とさせていただきました。東京オリンピック・パラリンピックそしてそれに先立つ平昌(ピョンチャン)での冬季オリンピック・パラリンピックに向けて、スポーツ医学的な問題点・課題を検討するとともに、JOSSM(日本整形外科スポーツ医学会)とその会員に期待されていること、求められていることは何かを考え、それに対して行動を起こしていく契機としたいと考えます。
「スポーツの秋」「学問の秋」「食欲の秋」、そのいずれについても9月の札幌には最適な気候と環境が用意されています。多くの皆様のご参加を心よりお待ちしております。
 

【参加費】 会員 : 15,000円
       非会員(医師) : 16,000円
       メディカルスタッフ : 8,000円
       初期臨床研修医 : 6,000円
       学生(医師を除く) : 2,000円(要学生証)

詳細は以下のホームページをご覧ください。
http://www.congre.co.jp/jossm2016/

ピックアップ
Q1 石灰沈着性腱板炎はどのように治療しますか?

Locomotive Pain Frontier Vol.5 No.1, 48-49, 2016
佐々木毅志 ほか

急性期症状には局所安静・関節注射・消炎鎮痛薬投与、慢性期症状にはリハビリテーションや手術を行います。
石灰沈着性腱板炎は腱板に沈着した石灰が白血球に貪食され肩峰下滑液包内に急性炎症を誘発する疾患です。突然発症であることが多く、急性期には安静時、動作時共に強い疼痛が生じます。慢性化してインピンジメント症状を引き起こすこともあり、その場合安静時痛は軽度であり運動時痛が主体です。長期間の罹病により関節拘縮をきたす場合もあります。病理学的には石灰沈着部の腱板の骨付着部には著明な変性所見がみられ、結晶成分の分析ではハイドロキシアパタイトであるとされています。

記事を読む

学会カレンダー

M-Reviewサイトアドバイザーの先生方よりご紹介いただいた注目の学会・研究会などをご紹介します。
※名前をクリックすると、M-Reviewに掲載されている先生の記事を読むことができます。

会期 学会名/会長 主会場
8/25~8/28 27 日本性機能学会学術総会
仲谷達也
大阪
あべのハルカス会議室 他
8/26~8/27 4 日本眼形成再建外科学会学術集会
三戸秀哲
大阪
大阪国際交流センター
8/26~8/27 27 日本末梢神経学会学術集会
楠進
大阪
大阪国際会議場
8/26~8/28 17 日本ロービジョン学会学術総会
石井雅子
新潟
朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター
8/27~8/28 35 日本思春期学会総会・学術集会
杉原茂孝
東京
浅草ビューホテル
8/27~8/28 1 日本薬学教育学会大会
乾賢一
京都
京都薬科大学

Editor's eye

夏の風物詩のひとつである花火。今年はもうご覧になりましたか?
諸説ありますが、現代の形につながる花火をわが国で初めて観賞したのは徳川家康だったとされています。その時は打ち上げ花火ではなく筒から火が噴き出す仕掛けのものでした。江戸時代は火事などの理由から花火禁止令が出たこともあったそうですが、それでも民衆の花火人気は抑えられず、令を破って打ち上げが行われたそうです。

私も花火は大好きで、特に満開の花がゆっくりと消えていく儚さに風情を感じます。これは桜に対しても見られる日本人の楽しみ方の典型だそうで、欧米ではたくさんの花火を華やかに打ち上げることに楽しさを感じるようです。

今年もまだまだ全国で花火大会が行われますので、お酒を飲みながら夏の夜を満喫したいですね。

編集部I
  • このメールは「学会アイ」に登録されているM-Square会員の方にお送りしています。
  • このメールは送信専用メールアドレスから配信しています。このままご返信いただいてもお答えできませんのでご了承ください。
  • 「学会アイ」配信先の変更は、メールアドレス変更フォームからお願いします。
  • 内容・記事に対するお問い合わせは、お問い合わせフォームからご連絡ください。
  • メールマガジン配信・停止の設定は、こちらより行ってください。
Copyright(c) 2012-2016 Medical Review Co., Ltd. All Rights Reserved.