« 学会アイ一覧へ戻る

投稿日時:2015/07/28(火)

M-Review Highlight
学会アイ

増刊号 2015.07.28 発行:株式会社メディカルレビュー社

CVIT2015 BRS Summit 7/30(木)から始まります!

いよいよ、今週7/30(木)8時30分より、CVIT2015 BRS Summitが始まります。
Patrick W. Serruys先生、上野高史先生、田邉健吾先生、小沼芳信先生の4名のプログラムディレクターによるBRS(生体吸収性スキャフォールド)の特別企画です。
上野先生のメッセージをご紹介しますので、ぜひご覧ください。

学会・研究会開催のお知らせ

CVIT2015 BRS Summit

会 期 2015年7月30日(木)~7月31日(金)
 
 

 
BRS Summit開催にむけて

 

ご挨拶

 

このたび、CVIT2015の特別企画として、7月30日(木)および31日(金)の2日間、BRS Summitを開催させていただくことになりました。

 

プログラムディレクターとして、BRSの第一人者であるオランダのPatrick W. Serruys先生をはじめ、田邉健吾先生、小沼芳信先生にご参加いただき、BRSの基礎からトライアルの検証、そして、実臨床におけるスキャフォールドの留置方法や、イメージングディバイスをどのように使いこなすかなど、ビデオライブや様々な症例を通して、国内外の専門家の先生方と、活発な議論を行っていきます。

 

今年の学術集会のテーマは、『What's next?』です。我が国に、薬剤溶出性ステント(DES)が導入され10年が経過し、進化を遂げたDESが、日常の診療において広く使用されております。しかしながら、血管内に異物が残るが故の超遅発性ステント血栓症や、留置後の抗血小板薬の使用期間の問題点などが指摘されており、現在、その問題点を解決する新たなディバイスとして、BRSが注目されています。本邦において、BRSはPCIの進化(Evolution)、または革命(Revolution)となるのでしょうか? 2日間のBRS Summitを通して、今後のPCIの方向性などを考えていきたいと思っております。

 

是非、多くの先生方にBRS Summitにふるって御参加いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

第24回日本心血管インターベンション治療学会学術集会(CVIT2015)
会長 上野 高史(久留米大学病院循環器病センター 教授)

 

 
プログラム・演題

 

Session 1: Historical Perspective and Changes in Paradigm
2015/07/30 08:30~09:30
座長:山口 徹先生/Patrick W. Serruys先生

 

Session 2: Basics of Bioresorbable Scaffold
2015/07/30 09:30~10:25
座長:伊苅 裕二先生/挽地 裕先生

 

Session 3: Recorded Live 1
2015/07/30 10:25~11:10
座長:Patrick W. Serruys先生/田邉 健吾先生

 

Session 4: What did We Learn from the ABSORB Trials?
2015/07/30 11:10~12:00
座長:森野 禎浩先生/横井 宏佳先生

 

Session 5: ABSORB Registry Data and Ongoing Trials
2015/07/30 13:20~14:15
座長:中村 淳先生/中村 正人先生

 

Session 6: Recorded Live 2
2015/07/30 14:20~15:05
座長:Patrick W. Serruys先生/上妻 謙先生

 

Session 7: Other BRS in Preclinical and Clinical Phases
2015/07/30 15:10~16:00
座長:天野 哲也先生/尾崎 行男先生

 

Session 8: Unsolved Issues and Challenges
2015/07/30 16:05~16:50
座長:上野 高史先生/上村 史朗先生

 

Session 9: Imaging for BRS Sizing and Follow-Up Assessment
2015/07/31 09:00~09:50
座長:Patrick W. Serruys先生/赤坂 隆史先生

 

Session 10: Future BRS in Japan
2015/07/31 09:50~11:10
座長:木村 剛先生/山口 徹先生

 

Session 11: How to Implant the ABSORB Scaffold? Practical Recommendations
2015/07/31 11:10~12:00
座長:五十嵐 慶一先生/志手 淳也先生

 

Session 12: Case Report: BRS in Complex Cases
2015/07/31 13:20~14:20
座長:石原 正治先生/山根 正久先生

 

Session 13: The Debate: Will BRS Become the Mainstream of PCI?
2015/07/31 14:25~15:15
座長:木村 剛先生/田邉 健吾先生

 

注目の演題ラインナップです。
ぜひご覧ください!

http://www2.convention.co.jp/cvit2015/

 

 

学会カレンダー

M-Reviewサイトアドバイザーの先生方よりご紹介いただいた注目の学会・研究会などをご紹介します。
※名前をクリックすると、M-Reviewに掲載されている先生の記事を読むことができます。

会期 学会名/会長 主会場
7/28~7/31 30 日本不整脈学会学術大会
松本万夫
京都
国立京都国際会館 他
7/28~7/31 32 日本心電学会学術集会
小林洋一
京都
国立京都国際会館 他
7/30~7/31 56 日本人間ドック学会学術大会
土屋敦
横浜
パシフィコ横浜
7/31~8/2 25 日本病態生理学会大会
田中潤也
愛媛
愛媛大学城北キャンパス
(南加記念ホール・グリーンホール)
  • このメールは「学会アイ」に登録されているM-Square会員の方にお送りしています。
  • このメールは送信専用メールアドレスから配信しています。このままご返信いただいてもお答えできませんのでご了承ください。
  • 「学会アイ」配信先の変更は、メールアドレス変更フォームからお願いします。
  • 内容・記事に対するお問い合わせは、お問い合わせフォームからご連絡ください。
  • メールマガジン配信・停止の設定は、こちらより行ってください。
Copyright(c) 2012-2015 Medical Review Co., Ltd. All Rights Reserved.