« 学会アイ一覧へ戻る

投稿日時:2015/03/09(月)

M-Review Highlight
学会アイ

増刊号 2015.03.09 発行:株式会社メディカルレビュー社

“連携”の重要性―糖尿病の診療に携わる全ての人に

学会アイ増刊号をお届けいたします。

昨日、大盛況のうちに終了した、Dr.報道 学会ハイライト「第20回日本糖尿病眼学会総会」のアーカイブ放送でございますが、ご好評につき、3月10日(火)の24:00まで、時間を延長してお届けします。
※すでにご覧いただいている先生方には重複のご連絡となり申し訳ございません。

 

司会:堀 貞夫 先生(医療法人社団済安堂 西葛西・井上眼科病院 院長/東京女子医科大学 名誉教授)
解説:安藤 伸朗 先生(済生会新潟第二病院眼科 部長)

レポーター[ご発表順]:
池田 誠宏 先生(兵庫医科大学眼科学 教授)
大野 敦 先生(東京医科大学八王子医療センター糖尿病・内分泌・代謝内科 准教授)
須藤 史子 先生(東京女子医科大学眼科 講師/埼玉県済生会栗橋病院眼科 部長)

学会・研究会開催のお知らせ

“連携”の重要性―糖尿病の診療に携わる全ての人に

Dr.報道 学会ハイライト

3月6日(金)~3月8日(日)の3日間にわたって開催された「第20回日本糖尿病眼学会総会」を、ご専門の先生にレポートいただきました。

 

レポート演題は以下の通りです(レポート順)

 

「血管新生緑内障」
稲谷 大 先生

 

「糖尿病黄斑浮腫に対するラニビズマブ硝子体注射の短期治療成績」
高綱 陽子 先生

 

「糖尿病黄斑浮腫に対するラニビズマブ硝子体注入の短期効果」
静川 紀子 先生

 

「糖尿病黄斑症に対するラニビズマブ硝子体注射の治療成績」
村松 大弐 先生

 

「難治性糖尿病黄斑浮腫に対するラニビズマブ硝子体内投与の効果」
加藤 亜紀 先生

 

「眼科領域の糖尿病療養指導士による糖尿病教室」
前川 亜樹 先生

 

「網膜症患者の看護のポイント眼科看護師と糖尿病に携わる看護師の立場から」
黒岩 絵美 先生

 

「糖尿病網膜症のロービジョンケア」
新井 千賀子 先生

 

「診断の発展~糖尿病網膜症 日本における過去20年の診断と治療の発展~」
大谷 倫裕 先生

 

「治療の発展」
小椋 祐一郎 先生

 

「糖尿病眼疾患が生じた患者のケアに関わる医療スタッフにとって重要なこと」
石井 均 先生

 

「糖尿病網膜症とERG潜時の相関」
福尾 元伸 先生

 

最後の出演者全員でのディスカッションでは、医師とコメディカルの連携というテーマで、非常に興味深いお話をいただいています。

 

ぜひご覧ください!
http://dr-report.m-review.co.jp/

 

学会カレンダー

M-Reviewサイトアドバイザーの先生方よりご紹介いただいた注目の学会・研究会などをご紹介します。
※名前をクリックすると、M-Reviewに掲載されている先生の記事を読むことができます。

会期 学会名/会長 主会場
3/18~3/20 88 日本薬理学会年会
今泉祐治
名古屋
名古屋国際会議場
3/19~3/21 14 日本再生医療学会総会
岡野栄之
横浜
パシフィコ横浜
3/26 28 東京城南喘息・アレルギー研究会
足立満/斎藤博久
東京
目黒雅叙園
3/26~3/29 40 日本脳卒中学会総会
松本昌泰
広島
リーガロイヤルホテル広島 他

Editor's eye

Dr.報道、いかがでしたでしょうか。

アーカイブ放送もたくさんの先生にご覧いただき、誠にありがとうございます。

現在は、昨日の振り返りをしながら、次回の企画についてたくさんのアイディアを膨らませています。

今後、たくさんの最新トピックを報道していきますので、どうぞご期待ください!

編集部I
  • このメールは「学会アイ」に登録されているM-Square会員の方にお送りしています。
  • このメールは送信専用メールアドレスから配信しています。このままご返信いただいてもお答えできませんのでご了承ください。
  • 「学会アイ」配信先の変更は、メールアドレス変更フォームからお願いします。
  • 内容・記事に対するお問い合わせは、お問い合わせフォームからご連絡ください。
Copyright(c) 2012-2015 Medical Review Co., Ltd. All Rights Reserved.