« 学会アイ一覧へ戻る

投稿日時:2015/01/16(金)

Vol.82

M-Review Highlight
学会アイ

No.31 2015.01.16 発行:株式会社メディカルレビュー社

新・痛みの研究会/大腸癌研究会

2015年も「学会アイ」をよろしくお願いいたします。
今号も近日中に開催予定の研究会主催の先生に、見どころや魅力をご紹介いただきます。ぜひご覧ください。

目次
「第9回新・痛みの研究会」2015年1月17日(土)
慢性疼痛におけるニューロイメージングの実際
「第82回大腸癌研究会」2015年1月23日(金)
酸化ストレスと癌─発癌のメカニズムと癌の進展への関与─

学会・研究会開催のお知らせ

第9回新・痛みの研究会

会  期 2015年1月17日(土)18:00
司会・座長 牛田享宏(愛知医科大学医学部学際的痛みセンター教授)
会  場 ANAクラウンプラザホテルグランコート名古屋(愛知県)

この度、第 9 回「新・痛みの研究会」を開催する運びとなりました。今回、痛みの患者さんに接するドクター・コメディカルすべてを対象として企画いたしましたので、ご多用のこととは存じますが、この機会に是非ともご参加賜りたく、お願い申し上げます。

【1】整形外科基礎科学または【8】神経・筋疾患(末梢神経麻痺を含む)
特別講演:日本整形外科学会 専門医資格継続単位 1単位

ピックアップ
慢性疼痛におけるニューロイメージングの実際

Locomotive Pain Frontier Vol.2 No.1, 14-19, 2013
池本竜則

近年の痛み研究によると、慢性疼痛は単なる組織損傷に伴う生物モデルのみでは説明が難しいことが指摘されており、生物・心理・社会の3要素を含めたモデルとして理解することが重要であると考えられています。また、痛みの認知は脳で行われるという考えに基づき、痛みのニューロイメージング法が発展してきています。痛みに伴う不快な情動体験を心の動きとして、脳内神経活動で評価する試みが行われています。
本稿では、健常者の感じる一般的な「痛み」と疼痛患者が苛まれる「痛み」について、脳機能イメージングの視点における脳内病態スペクトラムから考察されています。

記事を読む

学会・研究会開催のお知らせ

第82回大腸癌研究会

会 期 2015年1月23日(金)
当番世話人 渡邊昌彦(北里大学医学部外科教授)
会 場 JPタワーホール&カンファレンス(東京都)

大腸癌研究会は「大腸癌に関する研究を行い、その診断ならびに治療の進歩をはかること」を目的として、1973年に設立されました。その後、大腸癌取扱い規約を作成し、共通の基準で手術所見や病理所見を記載することにより、大腸癌の病態を明らかにし、治療法の改善と成績の向上に寄与してきました。これら諸先輩の努力により、日本の大腸癌の診断・治療は世界トップレベルです。
「第82回大腸癌研究会」は、1月23日(金)に東京駅直結のJPタワーホール&カンファレンスで開催されます。多くの皆様のご参加をお待ちいたしております。
(テーマ)
主題Ⅰ 進行大腸癌に対する腹腔鏡下手術を検証する
主題Ⅱ 内視鏡的切除の適応拡大の可能性を問う

詳細は以下のホームページをご覧ください。
http://jsccr.umin.jp/82/

ピックアップ
酸化ストレスと癌─発癌のメカニズムと癌の進展への関与─

HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY Vol.19 No.2, 33-37, 2012
山下依子 ほか

生体には、エネルギー産生のために必要な酸化システムとその過剰による悪影響を防ぐための抗酸化システムが備わっており、その恒常性が保たれていることが健康の維持に必要です。このバランスが崩れ、酸化が過剰になった状態を酸化ストレスと呼びます。
酸化ストレスはDNAを直接傷害することによって癌の原因となるといわれています。過剰鉄によってもたらされる、活性酸素種の発生による発癌はその代表例です。最近では酸化ストレスの発生に関与する分子の異常が発癌のみならず癌の浸潤や転移など、癌の進展にも深くかかわっていることが明らかとなりつつあります。癌の予防・治療への応用が期待される注目の記事です。

記事を読む

学会カレンダー

M-Reviewサイトアドバイザーの先生方よりご紹介いただいた注目の学会・研究会などをご紹介します。
※名前をクリックすると、M-Reviewに掲載されている先生の記事を読むことができます。

会期 学会名/会長 主会場
1/17 9 新・痛みの研究会
牛田享宏
名古屋
ANAクラウンプラザホテル
グランコート名古屋
1/21~1/23 25 日本疫学会学術総会
浜島信之
名古屋
愛知県産業労働センター
(ウインクあいち)
1/23 82 大腸癌研究会
渡邊昌彦
東京
JPタワーホール&カンファレンス
1/24 29 日本双生児研究学会学術講演会
志村恵
金沢
石川県しいのき迎賓館
1/26 66 関東耳鼻咽喉科アレルギー懇話会
大久保公裕
東京
日本教育会館
1/29~1/30 33 日本口腔腫瘍学会総会・学術大会
桐田忠昭
奈良
奈良県新公会堂
1/29~1/30 31 日本毒性病理学会総会及び学術集会
中山裕之
東京
タワーホール船堀
1/30~1/31 48 日本無菌生物ノートバイオロジー学会総会
一戸辰夫
広島
広島大学医学部広仁会館
1/30~2/1 38 日本眼科手術学会学術総会
妹尾正
京都
国立京都国際会館
1/31~2/1 26 日本臨床微生物学会総会・学術集会
岩田敏
東京
京王プラザホテル

Editor's eye

オフィス街で有名な東京丸の内ですが、ビルに特徴があることはお気づきでしょうか。

東京駅前のビルは、新しいビルも含め、上下2層に分かれたデザインが多いんです。

 

これは、建築物の高さに百尺規制(約30メートル)があった、当時のビルの高さを表しており、どれも東京駅舎とほぼ同じ高さで切り替わっています。

今回ご紹介した研究会会場の"JPタワー"は、ガラス張りの超高層ビルと、時計が印象的な真っ白な旧局舎部分にわかれています。東京大学ミュージアム、旧東京中央郵便局の郵便局長室など、見どころがたくさんありますので散策におすすめです。
ちなみに、建設中の"JPタワー名古屋"は愛知県で第4位の高さになるそうです。こちらも楽しみですね。

編集部I
  • このメールは「M-Review Highlight」に登録されているM-Square会員の方にお送りしています。
  • このメールは送信専用メールアドレスから配信しています。このままご返信いただいてもお答えできませんのでご了承ください。
  • 「M-Review Highlight」配信先の変更は、メールアドレス変更フォームからお願いします。
  • 内容・記事に対するお問い合わせは、お問い合わせフォームからご連絡ください。
Copyright(c) 2012-2015 Medical Review Co., Ltd. All Rights Reserved.