« 学会アイ一覧へ戻る

投稿日時:2023/11/16(木)

M-Review Highlight
学会アイ

No.143 2023.11.02 発行:株式会社メディカルレビュー社

第34回お茶の水腎不全懇話会/第20回糖鎖科学コンソーシアムシンポジウム/第51回日本頭痛学会総会

本日11月16日は、「いい色・色彩福祉の日」です。一般社団法人日本色彩福祉協会が、色彩の持つ力を理解して、環境や福祉に貢献する活動を広めるために制定されました。
赤色と黄色、緑色の信号機、黄色と黒色の踏切、白色と青色の交通標識など、わたしたちの身の回りには色彩を通じて心理的に働きかけるものが溢れています。
その中のひとつである非常口マーク、なぜ白色と緑色が使用されているのか、皆さんご存知ですか?火災発生時に赤い炎の中でも視認しやすいため、また気持ちを落ち着かせるために、この2色が用いられました。ちなみに非常口マークには、白色を基調としたものと緑色を基調にしたものの2種類があるそうです。前者は「通路誘導灯」と呼ばれ、非常口までの経路に設置されています。よく目にする後者は「避難口誘導灯」と呼ばれ、非常口そのものに設置されています。
普段、何気なく道を歩いているだけでも、さまざまな色が目に飛び込んできます。なぜその色をしているのか、ぜひ色の持つ意味を調べてみたいと思います。
さて、本号では「日本糖鎖科学コンソーシアム第20回」「第34回お茶の水腎不全懇話会」「第51回日本頭痛学会総会」をご紹介いただきます。ぜひご覧ください。

目次
「第34回お茶の水腎不全懇話会」2023年11月30日(木)
「第20回糖鎖科学コンソーシアムシンポジウム」2023年11月30日(木)~12月1日(金)
「第51回日本頭痛学会総会」2023年12月1日(金)~12月2日(土)

学会・研究会開催のお知らせ

第34回お茶の水腎不全懇話会

会 期 2023年11月30日(木)
当番世話人 前田国見
(石神井公園じんクリニック 院長)
高橋俊雅
(望星新宿南口クリニック 院長)
会 場 損保会館(東京都)
先生お写真

お茶の水腎不全懇話会は透析療法(血液透析、CAPD)および保存期腎不全の研究・研修を推進することを目的とし、講演会を年間2回開催しております。
毎回、腎臓内科医、透析施設のメディカルスタッフが「透析医療にかかわる話題」をテーマに「お茶の水」に会し、新たな工夫をご発表いただいております。
第34回は「ザ・コロナ」をテーマとして、特別講演も予定しております。皆様のご参加をお待ちしております。

学会・研究会開催のお知らせ

第20回糖鎖科学コンソーシアムシンポジウム

会 期 2023年11月30日(木)~12月1日(金)
代表世話人 鈴木匡
(国立研究開発法人理化学研究所開拓研究本部 主任研究員)
会 場
東京大学伊藤国際研究学術センター 伊藤謝恩ホール(東京都)
鈴木匡先生
第20回糖鎖科学コンソーシアムシンポジウム

日本糖鎖科学コンソーシアム(JCGG)シンポジウムはJCGGが主催する我が国の糖鎖科学の粋を結集した会合の一つです。“糖鎖”というキーワードで繋がる、多様なバックグラウンドを持つ研究者が集結して情報交換を行います。2003年に初めての会合が東京で開催されて以来、今年で20回目という節目を迎えることになりました。
本年度のシンポジウムでは、JCGGの重要な活動である山川民夫賞の授与式と受賞講演が行われます。第4回となる今回の受賞者はThe Scripps Research InstituteのJames C. Paulson先生です。また、シンポジウムのテーマを“糖鎖科学の可能性-真のブレークスルーを目指して-”と銘打ち、新進気鋭の研究者に最新の知見のご講演をいただく他、企業からのホットな話題も提供いただく予定です。学生の参加費は無料です。
皆様のご参加を心よりお待ちしております。


詳細は以下のホームページをご覧ください。
http://www.jcgg.jp/02/symposium20.html

学会・研究会開催のお知らせ

第51回日本頭痛学会総会

会 期 2023年12月1日(金)~12月2日(土)
会 長 山元敏正
(埼玉医科大学脳神経内科 教授)
会 場 パシフィコ横浜 会議センター(神奈川県)
山元敏正先生
第51回日本頭痛学会総会

第51回日本頭痛学会総会のテーマは「革新的進歩がもたらす最新の頭痛医療を患者さんのもとへ」としました。本総会では、頭痛で悩んでおられる患者さんのために、現在、我が国で実施可能な最先端の頭痛診療を参加者全員で学び、今後の診療に活かして頂きたいと考え、企画しました。特別講演として青山学院大学の原 晋教授、代表理事の竹島多賀夫先生にご講演をお願いしております。日本頭痛学会の国際化に向けては、日韓共同シンポジウムを2日間開催、アジア地域頭痛コンソーシアム(ARCH)会長Wijeratne教授、メイヨークリニックのDodick教授もご講演をなさいます。また「改めて学ぶ頭痛学」と題して、頭痛に関する24演題のレクチャーシリーズを2日間にわたっておこないます。この他にも多数の企画を用意しておりますので、楽しんで頂きたいと思います。
横浜の地で、皆様方の多数のご参加を医局員一同、心よりお待ちいたしております。


詳細は以下のホームページをご覧ください。
http://jhs51.umin.jp/

学会カレンダー

M-Reviewサイトアドバイザーの先生方よりご紹介いただいた注目の学会・研究会などをご紹介します。
※名前をクリックすると、M-Reviewに掲載されている先生の記事を読むことができます。

会期 学会名/会長 主会場
11/16~11/17 58 日本脊髄障害医学会
美津島隆
埼玉県
ソニックシティ
11/16~11/18 85 日本臨床外科学会総会
猶本良夫
岡山県
岡山コンベンションセンター 他
11/17~11/18 36 日本総合病院精神医学会総会
富田博秋
宮城県
仙台国際センター
11/17~11/18 41 日本大腸検査学会総会
藤井隆広
東京都
ベルサール九段
11/17~11/18 39 日本糖尿病・妊娠学会年次学術集会
曽根博仁
新潟県
朱鷺メッセ
11/18 42 日本運動器移植・再生医学研究会
高相晶士
神奈川県
横浜ランドマークホール
11/18~11/19 60 日本小児アレルギー学会学術大会
大嶋勇成
京都府
京都市勧業館みやこめっせ
11/18~11/19 38 日本臨床リウマチ学会
田中良哉
福岡県
北九州国際会議場 他
  • このメールは「学会アイ」に登録されているM-Review会員の方にお送りしています。
  • このメールは送信専用メールアドレスから配信しています。このままご返信いただいてもお答えできませんのでご了承ください。
  • 「学会アイ」配信先の変更は、メールアドレス変更フォームからお願いします。
  • 内容・記事に対するお問い合わせは、お問い合わせフォームからご連絡ください。
  • メールマガジン配信・停止の設定は、こちらより行ってください。
Copyright(c) 2012-2023 Medical Review Co., Ltd. All Rights Reserved.