« 学会アイ一覧へ戻る

投稿日時:2023/09/01(金)

M-Review Highlight
学会アイ

No.140 2023.09.01 発行:株式会社メディカルレビュー社

第80回関東耳鼻咽喉科アレルギー懇話会/第77回日本消化器画像診断研究会

本日9月1日は「キウイの日」です。
キウ(9)イ(1)の語呂合わせが由来で、ニュージーランド産キウイフルーツの輸入などを行っている会社が制定したそうです。
キウイフルーツは、中国原産のオニマタタビを品種改良して作られた比較的新しいフルーツで、ニュージーランド発祥です。1934年ごろから商業栽培が開始されて世界中に広まり、日本では1965年ごろから徐々に出回るようになったそうです。キウイの名称は、外見がニュージーランドの国鳥であるキーウィに似ていることから来ています。
実際に、ニュージーランドに滞在していた際、オークランド動物園でキーウィを見たことがあるのですが、見た目がキウイフルーツそのもので、その名前が付いたのも納得でした。キーウィは夜行性のため、暮らしている建物の中は真っ暗で、目を凝らさないと見ることができず苦戦しましたが、見られた時の感動はひとしおでした。機会があればぜひ足を運んでみてください。

さて、本号では「第80回関東耳鼻咽喉科アレルギー懇話会」「第77回日本消化器画像診断研究会」をご紹介いただきます。ぜひご覧ください。

目次
「第80回関東耳鼻咽喉科アレルギー懇話会」2023年9月10日(日)
「第77回日本消化器画像診断研究会」2023年9月16日(土)

学会・研究会開催のお知らせ

第80回関東耳鼻咽喉科アレルギー懇話会

会 期 2023年9月10日(日)
会 長 大久保公裕
(日本医科大学大学院医学研究科頭頸部感覚器科学分野教授)
会 場 日本教育会館(東京都)
大久保公裕

関東耳鼻咽喉科アレルギー懇話会は35年以上の歴史を持つ耳鼻咽喉科におけるアレルギーに関する新しい知見を発表する研究会になります。1月の会ではその年の花粉飛散数の詳細な情報を発信しています。9月には花粉症などに対する新たな治療法やアレルギー性鼻炎に関連した耳鼻咽喉科以外の疾患についても取り上げます。年2回の開催ですが、2020年9月、2021年1月は新型コロナウイルス感染症の影響で中止としました。2023年9月にはオンライン開催も含めて第80回関東耳鼻咽喉科アレルギー懇話会を企画しています。多くの先生方にご参集、ご聴講頂ければ幸いです。

学会・研究会開催のお知らせ

第77回日本消化器画像診断研究会

会 期 2023年9月16日(土)
会 長 菊山 正隆
(東京女子医科大学病院消化器内科准教授)
会 場 シェーンバッハ・サボー(砂防会館)
菊山 正隆
第77回日本消化器画像診断研究会

第77回日本消化器画像診断研究会に多くの演題を応募いただき、心より感謝申し上げます。 東京女子医科大学病院消化器内科の菊山正隆です。この度は第77回日本消化器画像診断研究会の当番世話人を担当させていただき、大変光栄に存じ上げます。 月並みではありますが、「雨垂れ石を穿つ」。日々の努力がやがて実を結ぶ。画像診断に王道なく、日々コツコツと画像を読影し、 病理組織所見と比較対応していく努力こそが、優れた診断能力を身に付けることになると確信しております。 しかし、個人が一生を通じて経験できる症例には限界があります。研究会、学会での症例検討を通じて症例を繰り返し学ぶことは、 いわば症例の疑似体験であり、まさにこの格言に表されるように、大きな成果につながります。 そして、その症例検討が質の高いものであれば、その成果はpromisingです。伝統ある日本消化器画像診断研究会は、まさにpromisingな成果を約束します。格調高い討論が、時に厳しく、いつも厳しく、我々を鞭撻します。 恐らくは、日本を代表する肝胆膵領域の臨床家は、もれなくこの研究会で揉まれ、 多くを学び、日本の医学を牽引する医師になったと認識いたします。是非とも日本消化器画像診断研究会に参加いただき、討論し、多くを学んでいただきたいと思います。そして、 出席者の皆様全員がオーディエンスではなくディスカッサントであることを期待いたします。 今回の研究会はその原点に返り、討論が活発できるようにプログラムいたしました。 口演演題のみならずポスター演題の発表時間を20分に設定いたしました。 さらに、ポスターはより多くの画像で討論ができるように一演題あたりの掲示板の広さを通常の2倍にいたしました。また、プレナリーセッションとして膵上皮内癌の診断を企画いたしました。 6演題を一気に討論するいささかヘビーですが、実りあるセッションとなることを約束いたします。

学会カレンダー

M-Reviewサイトアドバイザーの先生方よりご紹介いただいた注目の学会・研究会などをご紹介します。
※名前をクリックすると、M-Reviewに掲載されている先生の記事を読むことができます。

会期 学会名/会長 主会場
9/2 26 日本臨床腸内微生物学会
國島広之
神奈川県
神奈川県立かながわ労働プラザ
9/2~9/3 2 日本老年療法学会学術集会
牧迫飛雄馬
鹿児島県
奄美市市民交流センター
9/2~9/3 26 日本地域看護学会学術集会
荒木田美香子
神奈川県
川崎市立看護大学(ハイブリッド開催)
9/2~9/3 17 日本慢性看護学会学術集会
米田昭子
神奈川県
ステーションコンファレンス川崎
9/2~9/3 29 日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会
芳賀信彦
神奈川県
パシフィコ横浜ノース
9/2~9/3 7 日本リンパ浮腫治療学会学術総会
春田直樹
広島県
広島国際会議場
9/6~9/8 95 日本遺伝学会大会
荒木喜美
熊本県
くまもと県民交流館パレア
9/7~9/8 47 日本神経心理学会学術集会
數井裕光
高知県
高知県立県民文化ホール
9/7~9/9 - 2023年日本バイオインフォマティクス学会年会・第12回生命医薬情報学連合大会
鈴木穣
千葉県
柏の葉カンファレンスセンター
9/8~9/9 40 日本ハイパーサーミア学会大会
黒田輝
神奈川県
伊勢原市民文化会館
  • このメールは「学会アイ」に登録されているM-Review会員の方にお送りしています。
  • このメールは送信専用メールアドレスから配信しています。このままご返信いただいてもお答えできませんのでご了承ください。
  • 「学会アイ」配信先の変更は、メールアドレス変更フォームからお願いします。
  • 内容・記事に対するお問い合わせは、お問い合わせフォームからご連絡ください。
  • メールマガジン配信・停止の設定は、こちらより行ってください。
Copyright(c) 2012-2023 Medical Review Co., Ltd. All Rights Reserved.