« 学会アイ一覧へ戻る

投稿日時:2019/01/25(金)

M-Review Highlight
学会アイ

No.103 2019.01.25 発行:株式会社メディカルレビュー社

微小循環を究める/多分野を繋ぐ尿酸から未来を見据える

本日1月25日は、アントニオ・カルロス・ジョビンの誕生日。ブラジル発祥の音楽ジャンル、ボサノヴァの創始者のひとりとして知られています。
1950年代、作編曲家として活動していたジョビンは、詩人のヴィニシウス・ヂ・モライスや、ギタリストで歌手のジョアン・ジルベルトに出会い、彼らと共にボサノヴァを生み出しました。
1994年に亡くなった際にはブラジルでは大統領令によって3日間喪に服したほか、彼にゆかりのある空港が「アントニオ・カルロス・ジョビン国際空港」と名付けられたり、リオデジャネイロパラリンピックのマスコットキャラクターに彼にちなんだ名前が付けられたりするなど、ブラジルを代表する英雄といえるジョビン。代表曲「イパネマの娘」は「ビートルズの次に多くのアーティストがカヴァーしている楽曲」と言われ、他にも、最初のボサノヴァソングとされる「想いあふれて」は、近年ではサンパウロのロック・バンド「Huaska(ウアスカ)」によってボサノヴァとヘヴィメタルを融合させたカヴァー・ヴァージョンが発表されるなど、彼の楽曲は世代とスタイルを超えて今も多くの人々に愛されています。

さて、本号では「第44回日本微小循環学会総会」「第52回日本痛風・核酸代謝学会総会」をご紹介いただきます。ぜひご覧ください。

目次
「第44回日本微小循環学会総会」2019年2月8日(金)~9日(土)
「第52回日本痛風・核酸代謝学会総会」2019年2月14日(木)~15日(金)

学会・研究会開催のお知らせ

第44回日本微小循環学会総会

会 期 2019年2月8日(金)~9日(土)
会 長 荒木信夫
(埼玉医科大学 神経内科 教授)
会 場 ソニックシティ(埼玉県)
荒木信夫
第44回日本微小循環学会総会

この度、2019年2月8日(金)・9日(土)にさいたま市のソニックシティにおきまして、第44回日本微小循環学会総会を開催させていただくこととなり、大変光栄に存じております。伝統ある本学会総会を主催するにあたり、名誉会員、理事、評議員はじめ学会員の皆様に厚く御礼申し上げます。日本微小循環学会は、臨床医学系、基礎医学系、医療工学系、薬学系、生物学系などの幅広い領域の研究者が集い、微小循環研究に関して横断的に討論できる貴重な学会です。これからの生命科学研究は、微小循環学のように基礎から臨床に跨る幅の広い領域を扱い、臓器別でなく統合的視点のもとに展開する学術領域が、益々重要になってくると考えます。
本学会ではテーマとして、「微小循環を究める」を掲げ、臨床に役立つ基礎医学を意識しながら、先生方の最新の研究成果を発表していただければと思っております。
このような学会総会を開催させていただきますことは、当大学にとりまして極めて光栄なことで、スタッフ一同、心を込めて準備をすすめていく所存でございます。
2月の学会期間中は、最も寒さの厳しい時期であり、また大学の年度末あるいは入学試験の時期でもあるため、ご不便を感じることが多々あるかもしれませんが、本学会の趣旨をご理解の上、多数の方々のご参加とご協力を何卒よろしくお願い申し上げます。

 

詳細は以下のホームページをご覧ください。
http://jsm44.umin.jp/

学会・研究会開催のお知らせ

第52回日本痛風・核酸代謝学会総会

会 期 2019年2月14日(木)~15日(金)
会 長 金子希代子
(帝京大学 薬学部 医薬化学講座 臨床分析学研究室)
会 場 帝京大学板橋キャンパス(東京都)
金子希代子
第52回日本痛風・核酸代謝学会総会

第52回日本痛風・核酸代謝学会総会を、2019年2月14日(木)、15日(金)の2日間にわたり、メインテーマ「多分野を繋ぐ尿酸から未来を見据える」のもと、帝京大学板橋キャンパスで開催させていただきます。痛風・高尿酸血症および関連する病態について、最新の研究を行っている研究者が一同に会して行われる本分野をリードする総会です。
総会1日目には、2018年12月に発刊された学会主導の『高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン第3版』を紹介するシンポジウムを企画しています。また、最先端の基礎研究として、東京大学大学院 水島 昇 教授による『オートファジーの分子機構と生理的意義』の特別講演が行われます。総会2日目には、近年、尿酸値と精神神経疾患との関連に注目が集まっていることを受けて、中枢神経系とプリン体に関するテーマを取り上げています。教育講演『脳内の細胞内および細胞外プリンシグナリング』に続くシンポジウムでは、基礎と臨床の両面から、中枢神経系における尿酸およびプリン体の意義が議論されます。またポスター会場には、当研究室で開発した「食事中のプリン体値計算プログラム」体験コーナーも設置しています。
ご参加いただいた医療従事者、研究者の方々にとって新知見の得られる総会となりますと幸いです。皆様のご参加をお待ちしています。

 

詳細は以下のホームページをご覧ください。
http://procomu.jp/tsufu2019/

学会カレンダー

M-Reviewサイトアドバイザーの先生方よりご紹介いただいた注目の学会・研究会などをご紹介します。
※名前をクリックすると、M-Reviewに掲載されている先生の記事を読むことができます。

会期 学会名/会長 主会場
2/1~2/3 30 日本臨床微生物学会総会・学術集会
舘田一博
東京都
ヒルトン東京お台場 他
2/2~2/3 2 日本免疫不全・自己炎症学会総会・学術集会
森尾友宏
東京都
東京ガーデンテラス紀尾井町 紀尾井カンファレンス
2/3 12 日本カプセル内視鏡学会学術集会
田中信治
佐賀県
ホテル グランデはがくれ
2/3 19 動脈硬化教育フォーラム
江頭健輔
福岡県
電気ビルみらいホール&カンファレンス
2/7~2/9 43 日本角膜学会総会(角膜カンファランス2019)
外園千恵
京都府
ウェスティン都ホテル京都
2/9~2/10 17 日本フットケア学会年次学術集会
佐藤元美
愛知県
名古屋国際会議場
2/9~2/10 11 呼吸ケアと誤嚥ケア学会
井上登太
三重県
三重県総合文化センター
2/11 8 TREND InterConference 2019
白井伸一
福岡県
福岡国際会議場
2/16 29 日本性機能学会東部総会
辻村晃
千葉県
オリエンタルホテル東京ベイ
  • このメールは「学会アイ」に登録されているM-Review会員の方にお送りしています。
  • このメールは送信専用メールアドレスから配信しています。このままご返信いただいてもお答えできませんのでご了承ください。
  • 「学会アイ」配信先の変更は、メールアドレス変更フォームからお願いします。
  • 内容・記事に対するお問い合わせは、お問い合わせフォームからご連絡ください。
  • メールマガジン配信・停止の設定は、こちらより行ってください。
Copyright(c) 2012-2019 Medical Review Co., Ltd. All Rights Reserved.