<< 一覧に戻る

このページを印刷する

日本喘息学会総会学術大会

大会長

相良 博典 (さがら ひろのり)
昭和大学病院 院長/昭和大学医学部内科学講座 呼吸器・アレルギー内科学部門 主任教授

大会ウェブサイト

https://jas2023.jp

大会テーマ/大会からのメッセージ

本会のテーマは「知と経験から紡がれる喘息診療の未来戦略」です。喘息は他の慢性疾患と比較し個人差の大きい疾患と言われます。臨床試験や基礎研究で導かれたエビデンスに医師をはじめとする医療提供者の経験が融合し、未来の喘息診療を戦略的に創出し、ひいては個々の患者さんに最高の医療を提供できるのではないかと考え作成致しました。COVID-19のパンデミックによって、世界中の人々のライフスタイルが変化致しました。学会への参加の仕方も同様で、Web参加には多くの利点もございます。しかしながら、COVID-19との付き合い方は今まさに新たなphaseつまり共に生きる時代に入っています。是非皆さまには会場に足をお運び頂き、face to faceで胸の熱くなる討議に参加して頂きたいと思っております。

大会長の著作

アクセス

主会場:
ステーションコンファレンス東京

100-0005
東京都 千代田区丸の内1丁目7−12 サピアタワ4階

事務局名
第4回日本喘息学会総会学術大会運営事務局
電話番号
090-4026-8338
FAX番号
050-3457-9803
メールアドレス
info@jas2023.jp

当ページは、各学会事務局への調査票等を基に作成しています。参加をご検討される際は、事前に学会ウェブサイトで最新の情報をご確認ください。

M-Review学会カレンダーへの学術集会・研究会等の掲載をご希望の方は、情報提供フォームか、お問い合わせフォームより情報をお寄せください。(ご希望に沿えないこともございますので、その場合は何卒ご了承ください。)