<< 一覧に戻る

このページを印刷する

日本医学放射線学会総会

大会長

粟井 和夫 (あわい かずお)
広島大学大学院医系科学研究科放射線診断学研究室教授

大会ウェブサイト

https://site2.convention.co.jp/jrs82/

大会テーマ/大会からのメッセージ

第82回日本医学放射線学会総会は、2023年4月13日(木)~16日(日)の4日間、パシフィコ横浜にて、第79回日本放射線技術学会総会学術大会、第125回日本医学物理学会学術大会および国際医用画像総合展(ITEM 2023)との合同でJRC2023として開催いたします。

今回の開催テーマは、Be a Game Changer in Medicine with Radiologyといたしました。ご存知のように、Game Changerとは、「試合の流れを変えるような著名な活躍をする選手」や「物事に大きな影響を与える革新的なもの」のことです。このテーマには2つの思いを込めました。まず、私達の放射線医学から、現代医学をより良いものへ変革していきたいという思いです。もうひとつは、放射線医療に従事している私達一人一人が医学を変革できる存在になろう、という思いです。このような願いを込めて、横浜で皆様と活発に議論できれば幸いです。

この文章を書いている2022年春の時点では、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)がまだ収束しておらず、感染状況の悪化と寛解という波を繰り返しています。このため、開催形式についても、今後、変更になる可能性がありますが、現時点では、オンサイト開催を基本とし、Webによるライブ配信、オンデマンド等を併用したハイブリッド開催で行いたいと考えています。

2023年4月にはCOVID-19が完全に収束し、日本中および世界各地から横浜にご参集いただき皆様で放射線医学の今後の変革について語りあうことができるようになることを切に願っております。

大会長の著作

アクセス

主会場:
パシフィコ横浜

220-0012
神奈川県 横浜市西区みなとみらい1丁目1-1

事務局名
広島大学大学院 医系科学研究科放射線診断学
電話番号
082-257-5257

当ページは、各学会事務局への調査票等を基に作成しています。参加をご検討される際は、事前に学会ウェブサイトで最新の情報をご確認ください。

M-Review学会カレンダーへの学術集会・研究会等の掲載をご希望の方は、情報提供フォームか、お問い合わせフォームより情報をお寄せください。(ご希望に沿えないこともございますので、その場合は何卒ご了承ください。)