記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

COPD Selected Papers Online main 336105

1 - 10件目 (全117件中)

便秘治療における刺激性下剤

「屯用のみで使用すべき」という立場から/「注意して使用すれば常用してもよい」という立場から

THE GI FOREFRONT Vol.17 No.1, 43-55, 2021

慢性便秘に対して,わが国ではアントラキノン系刺激性下剤が使用されることが多いが,その有効性や副作用に関するランダム化比較試験...

乳酸菌は死菌? 生菌?

アンチ・エイジング医学 Vol.16 No.3, 131-140, 2020

今回の誌上ディベートは乳酸菌がテーマです。乳酸菌は古くから種々の発酵食品に利用されており,食品の加工,調味,貯蔵に重要な役割...

フレイルに高タンパク食は必要か?

アンチ・エイジング医学 Vol.16 No.2, 63-76, 2020

【不要】長野県佐久市のコホート研究において「毎日肉を食べている人において,eGFR低下率が高い」という結果は大変興味深い。赤...

胆膵がん術前胆道ステント留置

③各論を総括して

胆膵 Oncology Forum Vol.1 No.1, 20, 2020

従来,閉塞性黄疸を伴う悪性腫瘍に対しては術前に胆道ドレナージを行い,その後手術を行うというのが当然の流れであったが,近年世界...

胆膵がん術前胆道ステント留置

②メタリックステントの立場から

胆膵 Oncology Forum Vol.1 No.1, 15-19, 2020

わが国では胆膵がんによる閉塞性黄疸例に対して術前ドレナージを行うことが一般的である。高度黄疸症例では肝機能低下や易感染性,出...

胆膵がん術前胆道ステント留置

①「プラスチックステント」の立場から

胆膵 Oncology Forum Vol.1 No.1, 12-14, 2020

遠位胆道閉塞に対する術前胆道ドレナージ(pre-operative biliary drainage:PBD)として,内視鏡的胆管ステント留置術(endoscopic ...

日常診療でのプロバイオティクスの使用

「積極的に使用すべき」という立場から/「現時点では安易に使用すべきでない」という立場から

THE GI FOREFRONT Vol.16 No.2, 69-81, 2020

腸内細菌叢研究における画期的な成果が発表され,腸内環境に対する臨床医の注目が集まっている。しかし,これまでの日常診療において...