記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

COPD Selected Papers Online main 336105

1 - 10件目 (全126件中)

腹腔洗浄細胞診陽性膵がんの手術適応

③ 各論を総括して

胆膵 Oncology Forum Vol.2 No.2, 21, 2022

今回,誌上ディベートとして,「腹腔洗浄細胞診陽性膵がんの手術適応」についてhigh volume centerである国内2施設からこれまでの文...

腹腔洗浄細胞診陽性膵がんの手術適応

②「手術を行わない」という立場から

胆膵 Oncology Forum Vol.2 No.2, 17-20, 2022

通常型膵がん(pancreatic ductal adenocarcinoma:PDAC)の診断・治療はさまざまな臨床研究結果から近年定義やアルゴリズムが改定さ...

腹腔洗浄細胞診陽性膵がんの手術適応

①「腹腔洗浄細胞診を切除可能性の判断基準としていない」という立場から

胆膵 Oncology Forum Vol.2 No.2, 12-16, 2022

膵がん治療における腹腔洗浄細胞診(CY)の取り扱いは,膵がんの治療方針を決定する上でいまだに決定的な結論は得られていない。「膵...

術後パクリタキセル終了半年後に再発したトリプルネガティブ乳癌に対してアテゾリズマブ(+アルブミン懸濁パクリタキセル)を使用すべきか

「すべきでない」とする立場から

CANCER BOARD of the BREAST Vol.7 No.1, 43-49, 2022

アテゾリズマブは「PD-L1陽性のホルモン受容体陰性かつHER2陰性の手術不能又は再発乳癌患者」に対して,アルブミン懸濁パクリタキセ...

術後パクリタキセル終了半年後に再発したトリプルネガティブ乳癌に対してアテゾリズマブ(+アルブミン懸濁パクリタキセル)を使用すべきか

「すべきである」とする立場から

CANCER BOARD of the BREAST Vol.7 No.1, 38-42, 2022

切除不能トリプルネガティブ乳癌は,他のサブタイプと比較して予後不良であることが知られている1)。近年,多種多様な薬...

便秘治療における刺激性下剤

「屯用のみで使用すべき」という立場から/「注意して使用すれば常用してもよい」という立場から

THE GI FOREFRONT Vol.17 No.1, 43-55, 2021

慢性便秘に対して,わが国ではアントラキノン系刺激性下剤が使用されることが多いが,その有効性や副作用に関するランダム化比較試験...