記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全48件中)

性ホルモン依存性悪性腫瘍

(2)子宮体癌

HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY Vol.27 No.2, 37-42, 2020

子宮内膜癌にはエストロゲン依存性のTypeⅠと非依存性のTypeⅡに分類される。TypeⅠの子宮内膜癌ではエストロゲン受容体(ER)が発癌や...

大腸癌におけるlncRNAの機能

大腸がんperspective Vol.4 No.2, 50-53, 2019

今世紀に入って大規模なトランスクリプトーム解析が行われるようになり,ヒトゲノムの全貌が明らかになるにつれて,今まで転写の際に...

Column Radiation colitis,Tuberculosisと大腸癌

大腸がんperspective Vol.4 No.1, 11-12, 2018

症例は60歳代女性。既往歴として20年前に子宮頸癌で50GyのX線外照射を受けている。今回血便が持続するため注腸造影検査施行。直腸に...

IBD(UC)と癌

大腸がんperspective Vol.4 No.1, 6-10, 2018

潰瘍性大腸炎関連腫瘍の診断は難しいので,『大腸腫瘍病理組織図譜』第10章「IBD cancer」を一読願いたい。潰瘍性大腸炎関連腫瘍では...

DNA損傷応答と細胞老化,個体老化

アンチ・エイジング医学 Vol.14 No.5, 80-86, 2018

今から50年以上前に米国のヘイフリック博士は,ヒトの正常細胞を試験管のなかで培養すると,ある一定回数の分裂の後(分裂寿命)に増...

HighリスクMDSの治療

Pharma Medica Vol.36 No.2, 39-42, 2018

骨髄異形成症候群(myelodysplastic syndromes;MDS)は造血幹細胞に生じた遺伝子変異によって起こるクローン性の疾患である。MDSは血...

臨床家の立場から視た肝癌のゲノム解析と病態生理

②ゲノム解析による肝発癌・進展メカニズムの解明

The Liver Cancer Journal Vol.9 No.2, 28-33, 2017

肝細胞癌の多くは慢性肝疾患を発生母地とし,遺伝子異常の蓄積により発癌,進展する多段階発癌である。今回,慢性肝疾患・早期肝癌・...

臨床家の立場から視た肝癌のゲノム解析と病態生理

①肝癌の病態と関連する遺伝子変異

The Liver Cancer Journal Vol.9 No.2, 22-27, 2017

病態肝では肝炎ウイルス感染や代謝ストレスによりゲノム異常が蓄積し,発癌とその病態を決定すると考えられる。近年,全ゲノムシーク...