記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 8件目 (全8件中)

肝細胞癌のゲノム医療を目指して

②肝細胞癌におけるdriver mutationとmutation burden

The Liver Cancer Journal Vol.11 No.1, 25-29, 2019

次世代シークエンサーの普及およびデータ解析技術の進歩により,ゲノム配列のハイスループットな解析が容易なものとなり,悪性腫瘍を...

新世代の分子標的治療 肺がん

がん分子標的治療 Vol.15 No.3, 34-38, 2017

上皮成長因子受容体(EGFR)遺伝子変異やALK融合遺伝子などの遺伝子異常を有する非小細胞肺がん(NSCLC)に対する特異...

(座談会)臨床試験におけるトランスレーショナルリサーチ(TR)に求められるもの~driver mutationから免疫チェックポイント阻害薬まで~

がん分子標的治療 Vol.13 No.4, 46-52, 2015

分子標的薬の進歩ならびに免疫チェックポイント阻害薬の登場により,固形がんに対する薬物療法でも高い効果が得られるようになってき...

Genetic tumor evolution

CANCER BOARD 乳癌 Vol.7 No.2, 23-30, 2014

【ポイント】●次世代高速シーケンサーや,単細胞ゲノム解析のように,ゲノム解析技術の発達に伴ってきて,乳癌腫瘍内のゲノム...

慢性リンパ増殖性疾患

Trends in Hematological Malignancies Vol.5 No.3, 6-9, 2013

「ヘアリーセル白血病の発症機構」ヘアリーセル白血病(HCL)は, 緩徐進行性のB細胞系慢性リンパ増殖性疾患で, 有毛状細胞を形態的特徴...

肺がんにおけるBRAF変異の重要性

BRAF mutations in lung cancer.

Pharma Medica Vol.31 No.11, 15-18, 2013

[はじめに] 肺がんでは, EGFR遺伝子変異を端緒として融合遺伝子を含む複数のdriver mutationが発見され, KRAS, BRAF, MAP2K1, ERBB2...