記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

COPD Selected Papers Online main 336105

1 - 10件目 (全34件中)

抗凝固療法と認知症

Cardio-Coagulation Vol.9 No.1, 46-50, 2022

2015年に米国心臓協会の機関誌「Journal of the American Heart Association」に掲載された「これからの心房細動患者の抗凝固療法の...

心房細動を合併する心不全患者の治療戦略

―ポストCASTLE-AF時代―

Pharma Medica Vol.36 No.12, 45-48, 2018

心不全パンデミック時代と呼ばれる現代において,心房細動(atrial fibrillation;AF)と心不全は切っても切れない関係にあることが広...

アピキサバンが良い適応となる病態・患者像とは?

循環器内科の立場から

Cardio-Coagulation Vol.4 No.2, 41-46, 2017

非弁膜症性心房細動(nonvalvular atrial fibrillation:NVAF)に対する抗凝固療法は,ワルファリンに代わる直接作用型経口抗凝固薬...

臨床 心房細動と心房周囲脂肪

Atrial fibrillation and periatrial fat

CARDIAC PRACTICE Vol.27 No.4, 27-31, 2016

「はじめに」心房細動は日常臨床において最も頻度の高い不整脈であり,心不全や脳梗塞などを引き起こし患者の生命予後を悪化させる。...

心房細動患者の脳梗塞予防―抗凝固療法の立場から

Prevention of stroke in patients with atrial fibrillation by anticoagulant therapy

脳と循環 Vol.21 No.2, 47-51, 2016

「SUMMARY」高齢になればなるほど,非弁膜症性心房細動(NVAF)の有病率とNVAFからの脳梗塞発症リスクが増大するとともに,大出血や...

潜在性心房細動をいかに捉えるか?

脳と循環 Vol.21 No.1, 63-68, 2016

「塞栓源不明の脳塞栓症“ESUS”と潜在性心房細動の検出」脳梗塞のうち約1/4は適切な検索を行っても原因が特定できず,「潜因性脳梗塞...

【各論】2.心血管系 3)尿酸と不整脈(心房細動)

Uric acid and arrhythmia (atrial fibrillation)

高尿酸血症と痛風 Vol.23 No.2, 54-59, 2015

「Summary」近年,尿酸と不整脈,特に心房細動との関係が明らかとなってきた。2010年にギリシャのLetsas KPらによって尿酸と心房細動...

日本人のワルファリン治療の特性

The use of warfarin in Japanese patients.

Pharma Medica Vol.33 No.5, 37-41, 2015

「はじめに」ワルファリンはビタミンKを阻害することで血液凝固を阻害する,複数の凝固因子をターゲットとした抗凝固薬である。心房...