記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

COPD Selected Papers Online main 336105

1 - 10件目 (全30件中)

カロリー制限と抗腎老化

アンチ・エイジング医学 Vol.17 No.4, 22-26, 2021

腎の老化は生体に影響を与えていることが知られており,老化のメカニズムの解明がさまざまな角度から行われてきた。それらのなかでも...

Ⅰ 糖尿病性腎臓病Basic 2020 ~Bridging to Clinical Research~

Sirt1/NMN系からDKDを制御する

Pharma Medica Vol.38 No.9, 37-43, 2020

解糖系の律速酵素であるPKM2 (pyruvate kinase M2)の糖尿病性腎臓病(diabetic kidney diseases:DKD)における意義が注目されている。...

脂質の質と生活習慣病

アンチ・エイジング医学 Vol.15 No.5, 31-35, 2019

飽食と運動不足の現代社会において,内臓脂肪蓄積型の肥満が増加している。非脂肪組織に蓄積した脂肪(異所性脂肪)は,脂肪毒性(リ...

Björn Schumacher

アンチ・エイジング医学 Vol.15 No.4, 4-9, 2019

ビョアン・シューマッハ先生はエイジング研究でとても有名な先生だ。「遺伝子に傷がつくことが加齢の大きな原因だ」という仮説で研究...

六君子湯の作用─グレリンを含めて

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.6, 46-51, 2017

高齢者における栄養不良は,疾患の治療や予後に大きな影響を及ぼすが,その最大の原因が食欲不振であり,食欲を標的とすることがサル...

8. NAD依存性脱アセチル化酵素と糖脂質代謝

The Lipid Vol.28 No.3, 60-65, 2017

サーチュインはNAD+依存性の脱アセチル化酵素であり,栄養状態や環境刺激に対してさまざまな生物学的応答を示す.哺乳類...

Ⅱ.PPARαと疾患 3.心不全におけるPPARαの機能

The Lipid Vol.27 No.4, 54-60, 2016

「Summary」高血圧や心筋梗塞などの心筋障害の持続は心不全を誘発する.心不全になると,心室の拡張や繊維化などの“形態的リモデリン...

基礎医学とのダイアローグ 長寿遺伝子サーチュイン

Sirtuins : Homologs of yeast longevity gene product

THE LUNG perspectives Vol.24 No.3, 75-78, 2016

「Summary」サーチュインは酵母で発見されたSir2のホモログで,哺乳類にはSIRT1~7の7種類存在する。その多くは脱アセチル化酵素であ...

Sirtuin familyと糖尿病 ―Sirt1,3,6を中心に

Diabetes Frontier Vol.27 No.3, 271-280, 2016

「はじめに」サーチュインは,カロリー制限の寿命延長・抗老化効果に関する研究の結果同定された分子の1つである。そもそも栄養は,...