記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全81件中)

腎栄養代謝学から迫る慢性腎臓病の病態解明

Pharma Medica Vol.38 No.5, 41-45, 2020

腎臓は体液の恒常性維持に不可欠な臓器であるとともに,糖新生を介して全身の代謝恒常性を維持する臓器でもある。近年腎臓の栄養代謝...

7.糖尿病診療ガイドライン2016

高尿酸血症と痛風 Vol.27 No.2, 54-59, 2019

高尿酸血症は糖尿病の発症リスクと想定されるほか,両者には共通の病態やリスク因子が指摘されている。「高尿酸血症・痛風の治療ガイ...

トピック 心不全とSGLT2阻害薬

CARDIAC PRACTICE Vol.30 No.2, 53-57, 2019

糖尿病が,肥満やメタボリックシンドロームなどを背景とした大血管障害の危険因子であることは十分認知されている一方で,それらとは...

Ⅲ.大規模臨床試験

2.日本人2型糖尿病患者を対象にした最近の薬物臨床試験

The Lipid Vol.30 No.3, 54-61, 2019

日本人2型糖尿病治療に関する大規模臨床試験が近年多数発表されるようになった.その中から60歳以上の2型糖尿病患者に対するシタグリ...

エビデンスに基づく腎機能進展を抑制するための治療

アンチ・エイジング医学 Vol.15 No.1, 62-70, 2019

糖尿病や高血圧といった生活習慣病の増加と高齢化を背景に慢性腎臓病(chronic kidney disease:CKD)は増加の一途を辿っており,そ...

臨床試験からみるカナグリフロジンの有効性と安全性

~CANVASプログラムを中心に~

Pharma Medica Vol.37 No.5, 53-56, 2019

SGLT2阻害薬カナグリフロジンを用いたCANVASプログラムが報告された。世界30ヵ国で行われた本研究において,カナグリフロジンは有意...

基礎 心不全と糖尿病

CARDIAC PRACTICE Vol.29 No.3, 17-22, 2018

1970年代に初めて糖尿病性心筋症の症例報告がなされて以来,糖尿病患者では心不全発症率が,糖尿病を合併しない心不全患者に比べ有意...