記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全22件中)

ショウジョウバエにおける細胞老化とSASPの制御機構

アンチ・エイジング医学 Vol.15 No.3, 24-29, 2019

細胞老化は細胞周期が不可逆的に停止する現象であり,Hayflickによるマウス線維芽細胞の長期培養実験によって見出された1)

Manuel Serrano

アンチ・エイジング医学 Vol.14 No.6, 4-9, 2018

マニュエル・セラーノ先生は,スペイン・バルセロナでエイジング研究をしている著名な先生だ。特にCellular Senescence(細胞老化)...

DNA損傷応答と細胞老化,個体老化

アンチ・エイジング医学 Vol.14 No.5, 80-86, 2018

今から50年以上前に米国のヘイフリック博士は,ヒトの正常細胞を試験管のなかで培養すると,ある一定回数の分裂の後(分裂寿命)に増...

「専門医のためのQ&A」「指導士のためのQ&A」

アンチ・エイジング医学 Vol.14 No.1, 90-92, 2018

「専門医のためのQ&A」Q1 エピジェネティック修飾との関連が乏しい病態はどれか。Q2 SASP(senescence-associated secretary...

ハエからみた細胞老化

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.4, 43-48, 2017

細胞老化は,がんの進行に対して抑制的にも促進的にも働くと考えられている。我々は,ショウジョウバエを用いて腫瘍の悪性化メカニズ...

老化細胞除去モデルとsenolytic薬

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.4, 30-36, 2017

哺乳動物の正常細胞を試験管内で培養すると,やがて「細胞老化」と呼ばれる恒久的な増殖停止状態に陥る。細胞老化は,古くから生体に...

細胞老化とSASPの生体における役割

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.4, 23-29, 2017

細胞老化とは,細胞に強いDNA 損傷が生じた際に,異常をきたした細胞を増殖させないために,細胞周期を不可逆的に停止させる生体防御...

SASP因子としてのアンジオポエチン様因子2と免疫老化

アンチ・エイジング医学 Vol.13 No.3, 38-43, 2017

生活習慣や加齢に起因するストレスにより,生体内の各組織には機能的,構造的に微小な損傷が生じる。この損傷を修復する生体の恒常性...