記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

COPD Selected Papers Online main 336105

1 - 8件目 (全8件中)

Ⅲ.治療 4.SARMの現状と展望

THE BONE Vol.33 No.3, 73-78, 2020

骨や筋肉にはアンドロゲンの有益なアナボリックな作用を保持したまま,好ましくない作用である前立腺刺激作用は発揮させないような薬...

9.サルコペニアに対する薬物介入

日本サルコペニア・フレイル学会雑誌 Vol.1 No.1, 48-52, 2017

高齢者においてフレイルの重要な要因,背景としてサルコペニアの存在が知られているが,筋骨連関やサルコペニア・フレイルの関連性な...

COPD を中心とした薬物治療の効果と検証:利点と限界

THE LUNG perspectives Vol.24 No.4, 38-41, 2016

運動療法としての呼吸リハビリテーションをサポートする薬物治療には,気管支拡張薬とタンパク同化剤がある。適切な気管支拡張薬使用...

選択的アンドロゲン受容体修飾薬とサルコペニア治療

HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY Vol.23 No.1, 79-86, 2016

「Summary」アンドロゲンの有益作用である筋肉や骨へのアナボリックな作用を発揮させるものの,有害作用である前立腺刺激作用は発揮...

Ⅱ.性ステロイドと骨代謝 10.骨・筋を標的とした選択的アンドロゲン受容体モジュレーター(SARM)の開発現況

Recent advances in the development of selective androgen receptor modulators targeting bone and muscle tissue

THE BONE Vol.28 No.4, 97-102, 2014

近年,骨や筋肉には有益なアンドロゲンのアナボリックな作用を保持したまま,アンドロゲンの好ましくない作用である前立腺刺激作用は...

Cachexiaの新しい治療

New treatment of cachexia

栄養-評価と治療 Vol.30 No.4, 45-49, 2013

「SUMMARY」悪液質(cachexia)病態の解明が進むなかで, 新規治療薬の開発が進められている. グレリンおよびグレリンアナログ, 選択的...

サルコペニアとアンチエイジング―ホルモン・薬剤

アンチ・エイジング医学 Vol.9 No.4, 46-52, 2013

「はじめに」少子高齢化社会に突入したわが国では, 機能的高齢化社会を実現するために, 高齢者の活動性の維持と増進のための医療が望...

特集にあたって

アンチ・エイジング医学 Vol.9 No.4, 17-17, 2013

いま, アンチエイジング医学において, ロコモティブシンドロームが注目されている. 加齢とともに増加する運動器疾患は, QOLを大きく...