記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

COPD Selected Papers Online main 336105

1 - 10件目 (全329件中)

4.COVID-19と高血圧症・腎疾患

The Lipid Vol.33 No.1, 37-43, 2022

COVID-19は,直接細胞障害やサイトカイン過剰産生,血栓症などを介して,肺以外にも多臓器にわたる障害を引き起こすことが知られてい...

Q1. 胆道がんにおけるEUS-FNAの現状と診断成績

胆膵 Oncology Forum Vol.2 No.2, 27-29, 2022

超音波内視鏡下穿刺吸引法(endoscopic ultrasound-guided fine needle aspiration:EUS-FNA)は病理学的診断のために非常に有用な検...

トピック ACE2の循環器疾患および感染症における意義

CARDIAC PRACTICE Vol.32 No.2, 36-41, 2022

レニン・アンジオテンシン系(renin-angiotensin system:RAS)は,腎臓由来の昇圧物質としてのレニンの存在が19世紀末に報告されて...

BRAF & KRASG12C阻害薬:なぜ大腸がんに効果が乏しい?

がん分子標的治療 Vol.19 No.2, 96-100, 2022

RAS-RAF-MEK-ERKシグナル[mitogenactivated protein kinase(MAPK)シグナル]は,腫瘍の生存,増殖に密接に関わるシグナル伝達系で...

基礎部門 新規夜間多尿動物モデルを用いた夜間多尿の病態解明:腎臓内RAS-SPAK-NCC経路の過剰活性化によるナトリウム排泄抑制が夜間多尿を引き起こす

排尿障害プラクティス Vol.29 No.2, 80-83, 2021

夜間頻尿は生活の質を低下させるだけでなく,生命予後を悪化させることが知られています。その夜間頻尿の原因の50~80%は夜間多尿で...

KRAS mutationに対する治療戦略の変遷~ファルネシルトランスフェラーゼ阻害薬の失敗からAMG510(sotorasib)まで

がん分子標的治療 Vol.19 No.1, 120-125, 2021

これまで,分子標的薬の創薬によって,特定の遺伝子異常があるがん患者に治療効果が還元されてきた。しかし,ヒトのがんで最も多くみ...

乾癬の最新治療 ②低分子化合物

Pharma Medica Vol.39 No.10, 53-56, 2021

特定の分子をターゲットとして,その機能を阻害する薬剤を分子標的薬という。分子標的薬は,モノクローナル抗体に代表される高分子の...